いわき コロナ ウイルス。 市内の新型コロナウイルス発生状況一覧

【福島コロナ】いわき市2例目、常磐湯本町で新型コロナウイルス感染者が確認される

令和2年4月17日 一部修正(今後の対応等について更新)• 令和2年4月21日 一部修正(連絡先の一部変更及び追記)• (外部リンク). ご連絡先• いわき商工会議所• また同日までの県内の累計陽性者は500人を超え、501人となった。 湯本らしいので、実家の親にもう出て歩くな!と命令の電話を。 。 < > 新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<>。 【業者の方へ】新型コロナウイルス感染症対策へのご協力について (令和2年3月6日掲載) 当センターでは、次の立入りについて、当面の間、禁止することとしましたので、ご協力をお願いします。

>

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

チェックイン時、本人確認をする。 (古庄暢). 本市における新型コロナウイルス感染症患者の発生状況は以下のとおりです。 お客様には、ご不便をおかけしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。 *一覧内の「事例 市 」に記載の番号をクリックすると、詳細をご確認いただけます。 11月29日、新型コロナウイルス検査の結果、市内で1名の陽性患者が確認されました。

>

市内の新型コロナウイルス発生状況一覧

今まで呑気に構えていたのが、湯本と聞いたら少し不安になってきたみたい。 面会方法について、詳しくはをご確認ください。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。 また、新型コロナウイルス感染防止の観点から、分娩時の立ち合いや付き添いはお断りいたします。 令和2年4月3日 一部修正(分娩の対応等について掲載)• 新型コロナウイルスの感染防止に向け、人が密集する状況をできる限りつくらないようにするため、患者さんにおかれましては、予約時間を目安にご来院いただくなど、在院時間の短縮にご協力いただきますようお願いいたします。

>

新型コロナウイルス感染症患者の発生について(21例目)

また症状によっては検査をお断りすることがあります。 当センターを受診される方につきましては、次のような症状がないことを確認のうえ、受診されるようお願いいたします。 令和2年1月31日 初版掲載• いわき市• 濃厚接触者については調査中とした。 新型コロナウイルス感染症の影響等を踏まえた当センターの対応等について (令和2年6月25日更新)• 一般相談専用ダイヤル TEL 0120-567-177(平日8時30分~21時00分、土日・祝日8時30分~17時15分)• 男性の子ども2人が湯本三小に通学しており、市教委は9~22日の間、同校を休校とすることを決めた。 令和2年7月7日 一部修正(理美容室病棟出張サービスの再開について掲載)• 詳しい紙面は、新聞オンライン( SHIMBUN ONLiNE)まで。

>

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

万一感染が発生した場合に備え、QRコードを用いた独自の取り組みである「いわき市あんしんコロナお知らせシステム」の活用をお願いします。 また、上記のような症状がない場合におきましても、次のいずれかに該当するなど、感染のおそれのある方につきましては、「帰国者・接触者相談センター」に御相談ください。 患者さん、ご家族、来院者の皆様にはご不便やご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。 来年1月末までに最大計3千泊分を助成する。 その他 現在不足しているアルコール消毒液の代用品として、次亜塩素酸電解水が市内事業所(ホシザキ東北(株)いわき営業所 様)にて、無料配布されています。 令和2年3月6日 一部修正(通常面会をお断りし、必要性を認めた場合のみ立入り可能とすることを案内。 3 その他• 発熱や咳などの風邪症状のある方の、営業活動や納品等による当センター内への立入り• 6.ガイドブック・リーフレット等• 新型コロナウイルスの陽性となった方や、その関係者に対する差別・偏見は決して行わないようお願いします。

>

市内の新型コロナウイルス発生状況一覧

患者の概要• 男性は妻、子ども3人と同居、家族は濃厚接触者。 県の担当者が30日午後、福島市の県庁で記者会見を行い、感染の経緯等を説明した。 令和2年5月11日 一部修正(相談の目安について変更)• なお、その場合は、病棟入口前で体温を確認させて頂きます。 更新履歴• 身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いの「感染防止の3つの基本」に加え、「3密」を回避する、自分の行動を記録するなど、「新しい生活様式」の実践をお願いします。 市外からの観光客を含む宿泊者最大5万人に、市内飲食店などで使えるクーポン券1千円分も配布する。 都道府県をまたぐ移動は、移動先の感染状況を十分に確認し、感染拡大エリアへの不要不急の移動を控えるなど、より一層慎重な行動をお願いいたします。 市民の皆様には、医療の崩壊を絶対に起こさないためにも、常に緊張感を持った対応が大切です。

>