谷崎 潤一郎 卍。 戦前×上流階級×同性愛 谷崎潤一郎『卍』

【谷崎潤一郎】 『卍』のあらすじ・内容解説・感想|名言付き|純文学のすゝめ

《サド的人間関係(ふたりののあいだの)は相互的ではなく、交代的である()。 キャンペーンにより、100円未満(税込)の商品および酒類、ノンアルコール飲料については特典付与対象外になりますのでご注意ください。 そいで夫もちょっと気イ廻したのんかも分れしませんが、わたし自身も、何かしらんちょうどあの時と同じような気イしました。 翌年にはまた別の女性と結婚しますが、3年後に離婚します。 あらすじ [ ] 園子による氏名不詳の「先生」に対する告白録という形式で話が進む。 そして、『蓼喰ふ蟲』と『卍』とが対をなすといふ見立ては、実はこの相違点のせいでいよいよ強まるのである。

>

戦前×上流階級×同性愛 谷崎潤一郎『卍』

あんたは何も知りなされへんのんです。 彼の生き様は、まさに文豪という呼び名にふさわしいものでしょう。 ……という、いつもどおりの谷崎で、面白かったです。 ジャンルはコマンド入力式で、開発は、販売は。 園子はそれでも、亡くなった光子が愛しくてたまらないのでした。

>

LOHACO

ところが光子さんの様子前とちょっとも変ったようなとこのうて、別にこっちを不愉快に思てなさる風にも見えしません。 同時に、園子は夫の 孝太郎を疎ましく感じるようになりました。 「ふうん、そしてあんた、もうその人と交際してへんのん?」と、光子さんは一所懸命にあの事聞きたがりなさって、今はもう交際してえしませんといいますと、「なんでやのん? そんな、あんたのいうように清い恋やったら交際してもええやないか。 光子と綿貫は、同性と異性の恋愛は別だと考えているので、園子・光子・綿貫の恋愛は可能だとしています。 つまり、本作は東京人が書いた関西弁で全編が語られている。

>

卍 (小説)とは

。 桜ン坊はすべてで五顆 か 、黒い茎に真紅な実が附いているもの。 他にも関西弁の助手を雇って、言葉を書かせたりもしたそうです。 クラッときますよ。 すっかり心を変えていい奥さんになろうとします。 じわじわと怖いのは、ここが若干「信頼できない語り手」になっている点。 すると或る日、お 午 ( ひる )の休みに休憩所でばったり 出遭 ( であ )うと、いつでもすうッと澄まして通り過ぎてしまいなさるのんに、どういう訳や にッこりしなさって、眼エで笑いなさるのんです。

>

『卍(まんじ) (新潮文庫)』(谷崎潤一郎)の感想(254レビュー)

二人で駆け落ちして、狂言心中をすれば夫も二人を引き離そうとは思わなくなるだろうと考えたのでしょう。 ことあるごとに誓約書にサインすることを要求する。 あらすじ [編集 ] 園子による氏名不詳の「先生」に対する告白録という形式で話が進む。 全編関西弁なのだが、その関西弁はかなり適当だという。 主人公は有閑階級の婦人で、ある日趣味で通う芸術学校で、光子という美人に恋をする。 《私と、夫と、光子さんと、お梅どんと、四人が何処 どこ ぞい旅に出かけて、宿屋の一と間に蚊帳 かや 吊 つ って寝てて、六畳ぐらいの狭い座敷で、同じ蚊帳の中に、私と光子さん中に挟 はさ んで両端に夫とお梅どん寝てる。 谷崎は『卍』単行本に添えた『卍(まんじ)緒言』中で、《此の書の内容に就きて、嘗てこれを改造誌上へ連載せし當時、二三の浮説ありしことを耳にしたり。

>

LOHACO

以来二人は外目を気にせず交際をするようになる。 『サド・・』(篠田浩一郎訳、)の「はしがき」にある《サドからへ、脱落するもの、それはである。 もうそれならいっそのこと、わざと見せつけるように仲良くして、校長や学校のみんながどんな顔をするか見てやろう、と言いだします。 あそこら 辺 ( へん )の海はちょっと行きますと、じきに どかんと深うになってますので、あぶないのんですけど、 香櫨園 ( こうろえん )だけは海水浴場 出来 ( でけ )まして、夏はほんまに 賑 ( にぎ )やかやのんです。 常識が違う。 ぼんやりとした極限の状態で、盲目的に光子を崇める園子と夫は異常です。 この小説は愛欲をテーマにしながら、様々な謀略が張り巡らされ、その首謀者が誰であるかという謎解きが趣向のサスペンス小説の要素も強い。

>

戦前×上流階級×同性愛 谷崎潤一郎『卍』

綿貫は園子に誓約書に血判を押すよう迫ります。 》とある。 彼女は決して美女ではないが、「徳光光子」の名をいう時、その顔は不思議に照り輝やいた。 綿貫も光子が自分との結婚と、園との恋愛を両立させるのは問題ないと思っているようです。 そんなある日、光子のほうから園子に声をかけてきます。

>