生徒 指導 提要。 開発的・予防的生徒指導

開発的・予防的生徒指導

副題を見て、どれか一冊でも手にとってぱらぱらと眺めてみてください。 (当たり前ですけど) 例えば、赴任してきたばかりの先生が、いくらベテランだからと言って、なんの関係性もないのに、「これをしないとダメだ!」とか「こんなことしちゃダメだよ」とか言われても素直に聞き入れられないのではないでしょうか。 開発的生徒指導とは、全ての児童生徒を対象とした問題行動の予防や、子どもの個性・自尊感情・社会的スキルの伸長に力点を置いた生徒指導のことです。 ぼくだって、わざわざ嫌われたいとは思いません。 集団や社会の一員として自己実現を図っていく大人へと育つよう、促す。

>

生徒指導困難校に勤務してきた教員が考える生徒指導で大切にしたい8つのこと

「 校内規律は、自らの意志ではなく校則や教員からの指導により「守らされているもの」という意識から、規範の意義を理解し、児童生徒自らが規範を守り行動するという自律性をはぐくむことが重要です」 また第7章第1節には校則に関する項目が設けられており、以下のように記載されています。 生徒指導が、そうした教育活動において中心的な役割を果たしています。 「 生徒指導とは、一人一人の児童生徒の人格を尊重し、個性の伸長を図りながら、社会的資質や行動力を高めることを目指して行われる教育活動のことです。 そして 率先垂範です。 形だけの指導や叱責・罰則などによって問題となる行動が抑制されているという状態にとどまっているだけでは、十分な教育を行ったとは言えません。 注意 もちろん、起こった事案に関する聞き取りをする場合には、「どこで?」などの情報も必要です。 個人的には、学校に入る専門家はきちんと手元において読んでおいた方が良いと思っています。

>

「生徒指導リーフ」シリーズ:国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

そして、それは教育課程内にとどまらず、休み時間や放課後に行われる個別的な指導や、学業の不振な児童生徒のための補充指導、随時の教育相談など教育課程外の教育活動においても機能するものです。 きっと、「これならうちの学校でもできるかも」と思えるような実践があるはずです。 毅然とした指導といえば、シリーズで出ているこの本は、かなりたくさん事例が載っていてめちゃくちゃ参考になります。 模範となるような行動をする。 にも関わらず、別のとき、例えば学年集会などで、いじめの話などをするときに、「死ねなんて言葉を言ってはいけない」と指導するとしたら、それは指導がブレているのです。

>

公認心理師・臨床心理士の勉強会: 公認心理師 2018追加

「生徒指導における児童生徒理解の重要性」においては以下のように記されております。 つまり、「生徒指導」とは、一般的にイメージされるような、悪いことをしたり、学校のルールを破ったりしたときに指導されるようなもののことだけを指すわけではないのです。 そして、「それならこれくらいしても許されるだろう」と思うかもしれません。 入学当初から、手がつけられない問題児がいました。 学校の共有フォルダで「教育相談のフォルダってどこかな?」と思ったら、生徒指導部のフォルダを開けるとあると思いますよ。 (特にやんちゃな子に多いですけれど) 結局、 筋が通った指導をしている方が、好かれるのだと思っています。 生徒だって同じです。

>

生徒指導困難校に勤務してきた教員が考える生徒指導で大切にしたい8つのこと

下線部の通り、校則に基づくことが重要ではなく、それが内面的な自覚として自主的に守ることができるような指導が重要と言えます。 人は、自分で変わったと思いたいのだと思います。 また、問題解決的生徒指導とは、いじめ・不登校・暴力行為・薬物乱用・摂食障害・不安障害など深刻な問題行動や悩みを抱えている児童生徒に対して、学校や関係機関が連携して対応する生徒指導のことです。 昨日の件で不明なことがあるから教えて欲しいとのこと。 生徒指導がたいへんな学校 のことです。

>

生徒指導困難校に勤務してきた教員が考える生徒指導で大切にしたい8つのこと

これも詳しくは、以下の本を参照してください。 予防的生徒指導とは、登校をしぶる、保健室に頻繁に行く、早退や欠席が目立ち始めるなど、一部の気になる児童生徒に対して、初期の段階で問題解決を図り、深刻な問題へ発展しないように予防する生徒指導のことです。 ぼくが参考になったなあ、と思うのは次のような本でした。 その際には、校則に反する行為があった場合に、どのような対応を行うのか、その基準と併せて周知することも重要です• 校則について定める法令の規定は特にありませんが、判例では、学校が教育目的を達成するために必要かつ合理的範囲内において校則を制定し、児童生徒の行動などに一定の制限を課することができ、 校則を制定する権限は、学校運営の責任者である校長にあるとされています。 。 解答のポイント 生徒指導に関する適切な理解を持っていること。

>

「生徒指導リーフ」シリーズ:国立教育政策研究所 National Institute for Educational Policy Research

共感的人間関係を育成する:クラスの仲間同士や教員と認めえる関係性をつくる のことです。 児童生徒が自発的かつ主体的に自己を成長させていく過程を、支援する。 人は、人によって変えられたくない という言葉があります。 本当に自分のことを考えてくれていると、思われていないという点では、その先生にとっても長い目で見るとよいことではありません。 持っていなくても、学校には必ず置いてありますから見せてもらうのも良いでしょう。 学校で働く心理職は、教育とは何ぞや、学びとは何ぞやということを考え続けることが大切だろうと思います(考え続けることであって、答えを持つこと、ではありません)。 言ったことはやる。

>