北陸 鉄道。 北陸鉄道8000系電車

北陸鉄道

当初はバスのみで利用可能なタイプのみの運用だったが、(平成17年)からはの機能をもつ「ICa定期券」を導入した。 - 恋のしらやまさん公式サイト• 『私鉄史ハンドブック』、1993年、93頁、95頁。 エンジンはブダCL6。 北鉄(ほくてつ)と略される。 脚注 [ ] []• アルミ合金製軽量車体 [ ] 本系列の計画段階では、日本では鉄道車両向け製車体の研究は黎明期にあり、本格的な高速用としてはようやく1962年(昭和37年)にのWMD社と提携した(当時)が、そのの下で製作する全アルミ合金製車両の初号車 として、向けに車体構造材として5000番台・6000番台のアルミ合金材を混用し、溶接とリベット組み立てを併用する2012-2505-2013の3両1編成を納入したばかりであった。 改軌電化。

>

北陸鉄道石川線

(昭和16年)8月1日 北陸合同電気(現在の北陸電力)設立。 1904年松任町 - 有松間を開業し翌年には金沢市野町まで延伸開業した。 輸送量は減少傾向にあったが、鶴来駅 - 加賀一の宮駅間廃止以後は増加傾向にある。 主要機器 [ ] 上述の通り、本系列は製造費節減のため、製造当時北陸鉄道に在籍した旧型車の機器が流用された。 なお、クハの装備するKS-33台車はの廃車発生品であり、がコイルばねとの組み合わせに改造されていたことが特徴であった。

>

【元・日比谷線】東京メトロ03系の北陸鉄道譲渡車両が姿を現す

幼児をお連れの場合の運賃は1人まで無料、2人目からは小児料金となります。 各停留所に停まる路線バスのほかに金沢駅 - 羽咋駅 - 三明 - 富来を結ぶ富来急行バスも運行している。 (昭和19年)• 複線区間: なし(全線)• 8000系(8800番台) (構内・2004年7月撮影) 基本情報 製造所 主要諸元 2両(2M) 1067 mm 1500 V 編成定員 240 人 (座席定員88人) 車両定員 120 人 (座席定員44人) 車両重量 34. 北陸鉄道03系は、スノープラウやパンタグラフ2基などの追加がみえる。 県内株主達はようやく経営が安定したところで売却されることに反発したが、栗田をはじめとする愛知在住の大株主達は株式を金沢電気軌道に譲渡することとなり、1923年に合併が決まった。 官報によれば貸切扱い到着貨物に限る(国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 野々市駅からとの直通運転を開始。 そして2001年(平成13年)に除籍され、その後は構内に留置されていた。

>

北陸鉄道石川線

この地では、線路を所有する東武鉄道のほか、乗り入れ先の電車や、陸路を経由して小田急電鉄などの関東私鉄の解体作業が多く行われています。 稚拙な画像ばかりですが、当時の雰囲気を少しでも感じていただければ幸甚です。 電化区間: 全線(直流600V)• ジャンボゴルフガーデン - ジャンボボールに隣接した。 、(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)• (野町駅 - 白菊町駅、鶴来駅 - 加賀一の宮駅) 石川電気鉄道により開業。 表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。 jp 鉄道ニュース、2009年11月1日• (大正9年)• また、分散型冷房装置を搭載する車両であること、電動車化に際しては連結面寄りの冷房装置を1基撤去し、空いたスペースにパンタグラフを新設したこと、ワンマン運転関連の機器を新規搭載したこと等も8000系と同様であった。

>

北陸鉄道金石線

(平成10年)にが脱線事故を起こした際、併結相手であった本系列も被災した。 金名鉄道が鶴来駅 - 神社前駅間を金沢電気軌道に譲渡。 (昭和38年)• 大井川鉄道への譲渡 [ ] 大井川鉄道では1971年(昭和46年)11月13日付で竣工し、形式はクモハがモハに変更されたが番号は変わらず、愛称・塗色もそのままでで運行された。 93 および• その後1967年(昭和42年)から(昭和43年)にかけて廃車され、台車や主要機器はモハ3770形とクハ1720形に転用された。 合併後の改番でハフ1301, ハ1201, ハ1101となり、1201, 1101は1952年、1301は1957年に廃車されている。

>

北陸鉄道能登線

(平成24年)• 7月11日 - 廃止。 形状を工夫して上下を噛み合わせ、裏側で溶接可能とした。 (国立国会図書館デジタルコレクション)• (大正8年) 金野軌道が金野鉄道に改称。 (大正9年)7月15日 - 金沢電気軌道が金野鉄道を合併。 京王での廃車時期の関係で入線が遅れたものである。 この電化計画の時期にが新野々市-鶴来間の建設工事をしており松金電車鉄道とは野々市村付近で交差する。

>