検察庁 改正 案。 いったい検察庁法改正案の何に抗議しているのか|徐東輝(とんふぃ)|note

検察庁法改正案 人事の自律性保てる見直しを : 社説 : 読売新聞オンライン

したがって、その独立性が脅かされないかどうかが重要です。 つまり、検事総長は最長で68歳まで勤務が可能だということになります。 野党統一会派の今井雅人氏は記者団に「森法相を出したくないという向こう側の意思表示だ」と語った。 新旧対照表()• 国公法を扱う内閣委員会のみで審議し、武田良太国家公務員制度担当相に答弁させる方針で、週明けの委員会で強行採決も辞さない構えです。 検察官の定年を65歳に引き上げ、内閣の判断で検察幹部の「役職定年」を延長できるようにする検察庁法改正案の委員会審議が8日、与党が強行する形で始まった。 そして、これは最大3年まで延長可能です(国公法81条の7第2項[の読み替え])。

>

「検察庁法改正案」をわかりやすく解説!朝日新聞のちょい読みで核心に迫る

(1)入口と出口を混同しない 検事総長の任命を「入口」とするなら、定年退職時は「出口」です。 黒川氏賭け麻雀問題については下記記事にまとめていますので、併せてお読みください。 (その2)次の抜け道は、法施行日が政令で定めることができるので、前倒しをして、2月7日より前に改正検察庁法を施行し、さらに定年を3年間延長することができます。 きわめてシンプルな規定です。 安倍内閣は1月末に政権に近いとされる黒川氏の定年延長を閣議決定。 昨年秋の臨時国会で提出されるはずだったバージョン(「2019秋版」といいます)と、今国会で提出されているバージョン(「2020春版」といいます)が異なるためです。

>

「検察庁法改正案」をわかりやすく解説!朝日新聞のちょい読みで核心に迫る

検察官の定年を延長する検察庁法改正案について、政府・与党は今国会での成立を見送ることを決めた。 断じて許されないことだ」と強調。 黒川氏は官房長官だった首相に近く、延長は黒川氏を検事総長に昇格させる布石との見方も出ていた。 火事場泥棒だ」と与党を批判した。 最後に「検察庁は行政府に属するから三権分立崩壊は間違いだ」という擁護論に対し、検察庁の公式サイトの以下の文章を引用します。 検察庁法改正案単体ではなく、複数の関連法案が束ね法案として提出されています。

>

検察庁法改正案に反対した芸能人一覧!なぜ反対するのか理由も調査!

今後の検察幹部人事で政権による介入の余地が大きくなるとの懸念に加え、黒川弘務東京高検検事長の定年延長を、後付けで正当化する狙いがあるとみているためだ。 また勤務延長の読み替えへの言及がわかりにくいということでその点も整理表とともに説明を加えました。 理由としては、カルロス・ゴーン被告人や当時まだ捜査中であったIR汚職関連を含めて、「東京高等検察庁管内において遂行している重大かつ複雑困難事件の捜査公判に対応するためには、…黒川弘務の検察官としての豊富な経験・知識等に基づく管内部下職員に対する指揮監督が必要不可欠」と政府が判断したとのことでした。 これは上の図を見ていただければ、一目瞭然ではないでしょうか。 最終的に安倍政権は成立を断念し、改正案は廃案となった経緯がある。 (太字は筆者) とは、国家公務員の採用や給与など、人事に関する事項を掌握する行政期間であって、内閣の下に置かれていますが、人事官の身分は保障され、国会に対して報告や勧告を直接提出できるなど、 国家公務員の人事行政をときどきの政治勢力から独立して公正に判断する機関として設けられており、内閣に対してはたいへん強い性格をもっています(国公法第3条以下)。

>

「 #検察庁法改正案に抗議します 」ハッシュタグに470万件の声、なぜここまでの炎上が起こるのか

内閣官房:(第201通常国会)• (三輪さち子、小林豪) 出典:朝日新聞社 検察庁法改正案、何のための改正?Twitter 政府は今年の1月に従来の法解釈をねじ曲げて政治介入し、政権と親密な関係にある黒川検事長を違法に定年延長させました。 かつて政財界を巻き込んだロッキード事件、リクルート事件、ゼネコン汚職事件などがありますが、こういった政治がらみの案件を検察庁が捜査、起訴できるのは政治から独立した組織であるからです。 改正法案の条文がかなり複雑で難解なものになっており、一般国民も一読しただけではその内容が明確に把握できないことも議論が混乱している一因ではないかと思われます。 今後の改正案の検討にあたっては、その点を忘れてはならない。 」として、法務大臣ではなく内閣によってこれらの人事を行うものとしている。 c sonoda 最初の画像は誤っていましたので差し替えました。

>

異例の抗議なぜ続出?検察庁法改正案、論点オールまとめ [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

ただし、この黒川検事長の勤務延長については、すでに述べたとおり、解釈変更の内容や手続を巡って違法性が指摘されているところであり、この法改正を行うことによって、そのような指摘を排除しようとする狙いはあるのかもしれません(次に述べる通り、法案の施行日を見る限り、そのような効果はないのではないかと考えますが)。 つまり、法務大臣に従属するという立場ではなく、むしろ同等以上の立場として扱っているとも解されます。 )を延長した職員であつて、定年退職日において管理監督職を占めている職員については、同条第1項又は第2項の規定により当該定年退職日まで当該異動期間を延長した場合であつて、引き続き勤務させることについて人事院の承認を得たときに限るものとし、当該期限は、当該職員が占めている管理監督職に係る異動期間の末日の翌日から起算して3年を超えることができない 検察庁法第9条第3項又は第4項(これらの規定を同法第10条第2項において準用する場合を含む。 この国を壊さないで下さい」と訴えています。 検察庁法では検事総長の定年が65歳、高検検事長を含む検事の定年を63歳と定めていましたが、安倍政権は延長に関する法解釈を唐突に、そして前代未聞の 「」による変更の下で閣議決定してしまいます。

>

異例の抗議なぜ続出?検察庁法改正案、論点オールまとめ [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

というのも、きゃりーさんの発言に関しては、「ワイドナショー」の裏番組である「サンデージャポン」(TBS系)で、「爆笑問題」の太田光さん(55)が、きゃりーさんへの批判について、「全く聞く必要はない」と擁護。 【追記終了】• そして、10日午前10時には200万件を突破し、ツイッターのトレンドでは「母の日」を抑え、長時間トップになりました。 ただし、 第81条の5第1項から第4項までの規定により異動期間(これらの規定により延長された期間を含む。 共産党の志位和夫委員長は「首相経験者を逮捕するようなチェック機能を失う」と危機感を語った。 ただし、当該期限は、 当該職員に係る定年退職日(同項ただし書に規定する職員にあつては、当該職員が占めている管理監督職に係る異動期間の末日) が定年に達した日(同項ただし書に規定する職員にあつては、年齢が63年に達した日)の翌日から起算して3年を超えることができない。 かつて政財界を巻き込んだロッキード事件、リクルート事件、ゼネコン汚職事件などがありますが、こういった政治がらみの案件を検察庁が捜査、起訴できるのは政治から独立した組織であるからです。

>