デジモン ストーリー サイバー ス ルゥー ス。 【ゲーム感想】デジモンストーリー サイバースルゥース:ゲーム・アニメ感想雑記

デジモンストーリー サイバースルゥースの基本情報

平行世界に対して造詣が深く、そういった事態に関しては彼女の力を借りることになる。 デジモン固有の必殺技と進化・退化しても習得したままとなる継承技がある。 アルファモン 声 - 坂本真綾 杏子の正体である13番目のロイヤルナイツ。 さっきも書いたように、デジタルな世界と人間世界と両方と関わっていく主人公の立ち位置は、 今までのデジモンストーリーで出来なかった明確な一線だと思う。 ただ、ラッキーだったのは、今回の作品を立ち上げるときに、弊社のスタッフに「興味がある人、いる?」と聞いたら、若いスタッフを中心に「やりたい! 『デジモン』好きです!」と言ってくる人間が多かったんですよ。

>

『デジモンストーリー サイバースルゥース』プロデューサー&ディレクターへのインタビュー全文掲載

御島 龍司(みしま りゅうじ) 声 - チーム「フーディエ」のリーダー。 そのためか、本作以前にも極小規模なデジタルシフトが発生してはいた模様(ピートの件など)。 さらに、アルファモンにイグドラシルの意思に齟齬があることを指摘されるも聞き入れず、戦いを挑んで敗北。 人間の善悪がどうなのかは一切問題とせず、あくまでイグドラシルの意思を遂行するものとしてドゥフトモンに協力する。 デジモンメダル 各デジモンが描かれたメダル。

>

「デジモンストーリーサイバースルゥース」クリア後感想・評価 + プレイ日記リンクまとめ

その魂はデータとして真空管式コンピュータへと入り込み、ほとんどの記憶を失ってワニャモンとなって眠りについた。 本来はEDENでは本人の外見でしか利用できないが、特殊な端末を使って外見を偽っている。 手で顔を覆いながら高笑いするヴァンデモン、 クルッとターンして手をふる仕草をするテリアモン、 手元からパッと薔薇を取り出すロードナイトモン。 【総評】 『デジモン』のゲームとして最高峰 なんじゃないかと もう今まで述べてきたようにね、 デジモンへの愛が溢れている!!! もう一度言うけどモーションね!ここだけでスタッフが本気で作りましたと感じるポイントですよ! あとね! ロイヤルナイツ出しとけばファンが喜ぶと思ってるでしょ! その通りだよ!!! 登場するデジモンもアニメの主人公デジモンはハイブリット体以外全員出演してるし、懐古ファンへのサービスも余念がないときた。 その正体は、コンピュータルームが埋め立てられるよりも前、その技術主任だった水島という人物が飼っていた猫・「ミー子」。

>

「デジモンストーリーサイバースルゥース」クリア後感想・評価 + プレイ日記リンクまとめ

天沢 ケイスケ(あまざわ ケイスケ) 声 - 「ハッカーズメモリー」の主人公。 だから、イグドラシルの演算機能と、イーターの多次元ネットワークを利用して、『神』になって世界創造を目論んだ。 俺「あれ?コイツってもともとピエモンだったのに何で今プラチナヌメモンなってんだろ…」 と困惑することもあったりした。 快適さ 7点 評価点 ・レベルが上がりやすい デジモンのレベルが上がりやすい。 性格は元気で明るく、ツッコミ気質。 主人公 男:、女:• わかるよ…。 末堂 アケミ(すえどう アケミ) 声 - カミシロ・エンタープライズの主任研究員。

>

『デジモンストーリー サイバースルゥース』プロデューサー&ディレクターへのインタビュー全文掲載

オンラインコロシアムのゲッセンメイド。 それでも最近のゲームにしては目を見張るものがあったと思う。 結果として、いまの『デジモン』のメインターゲットは子どもではなくて大人なんだという認識が社内でも広がったんです。 サブクエストをこなすうえでのストレス軽減や、人物にクロースアップした構図、システム回りもユーザビリティを考慮していたといっても間違いはないと思う。 サイバースルゥースも収録されている。 主人公の調査線上に浮かび上がる事件の中心人物と思われるキャラクター「岸部リエ」や、全てのナイトモンを統べる王「ロードナイトモン」などの詳細、そしてゲームシステムの数々を、こちらで一挙ご紹介します。

>

【ゲーム感想】デジモンストーリー サイバースルゥース:ゲーム・アニメ感想雑記

・一部ダークなクエスト 大人向けゆえの話があるが救いすらないクエストが存在する。 場所が固定であるので、ストーリーを進行させて各デジモンに該当する場所を開示しないと登場しない。 イーター・アダム アラタがデュークモンを始めとする様々なデジモンを喰らった結果変貌した姿。 最初は騒がしいだけだった印象のキャラクターたちも、その秘密に触れることで少しずつ印象が変化していくのがプレイ感の良さに繋がっている。 近未来の日本ではインターネットに視覚的・感覚的にアクセスできる技術の発展により生まれた「電脳空間EDEN」が人々のもう一つの日常となっていた。 大窪 ほかにも、ヤスダさんのイラストを忠実に再現するために特殊なシェーダーを作ったりしています。 チャットにおけるアバターの外見はに似ている。

>