女流 プロ 麻雀 日本 シリーズ 2020。 女流プロ麻雀日本シリーズ2020 プレーオフ成績表

【日本プロ麻雀連盟】【麻雀日本シリーズ2020開幕!!】 2020年6月20日(土) 13:00

女流麻雀日本シリーズは連盟内だけでなく、日本プロ麻雀協会や最高位戦日本プロ麻雀協会といった、他団体のリーグ戦のチャンピオンも参加する、真のチャンピオンを決める大会です。 また、夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2018では個人戦で予選成績3位で準決勝進出を果たす が、決勝を前に敗れた。 チーム戦もモンド麻雀チャンネルチームとして・都美とともに 準決勝まで進んだ が決勝には残っていない。 公式ガイドブック 2003年11月• 血液型はA型。 2020年5月2日時点のよりアーカイブ。 2020年5月2日時点のよりアーカイブ。 愛知県日進市出身。

>

第15期女流桜花入れ替え戦1st stageレポート

2020年5月2日時点のよりアーカイブ。 オーラスを迎えて、各家の点棒は次の通り。 東4局1本場、親の井上が をポンして、 ・ドラ2のテンパイ。 麻雀 捨て牌読みの極意 ベスト麻雀文庫 2013年10月 ベストセラーズ• 出場権は、現タイトルホルダーや四大タイトルを持つ九段、及びポイントランキング上位者の連盟所属プロに限られる。 2020年9月8日閲覧。

>

山脇千文美

2020年5月1日閲覧。 麻雀格闘倶楽部5 プロが選んだ神の一打 2006年10月• 五段~初段• (常任理事、中部本部長)• 中寿文 2017年7月24日. 199 より引用)などと宣言していた。 パチスロ『麻雀格闘倶楽部』のバカンスモード担当。 3pt KADOKAWA サクラナイツ (内川幸太郎・岡田紗佳・沢崎誠) セミファイナル チームスコア・ランキング 1位 284. 日本プロ麻雀連盟所属、27期生、四段。 個人戦でも予選5位で準決勝まで辿りついた ものの決勝卓には残っていない。

>

山脇千文美

次の一手 ベスト麻雀文庫 2013年4月• [ ] 現マスターズは真光祐尚。 日刊スポーツ杯争奪スリアロトーナメントや日刊スポーツ杯スリアロチャンピオンシップ・麻雀ウォッチシンデレラリーグ(連盟が不参加)は含まない。 お待ちしております。 2020年5月2日閲覧。 (各女流雀士の情報は、wikipediaの情報です) 一番下に動画を貼っておきます。 :沢崎誠 [ ] :仲田加南 [ ] その他タイトル戦 [ ] :真鍋明広 [ ] 2001年より「内外タイムス杯」をリニューアルし創設。

>

仲田加南が1位で決定戦進出「5回目の女流桜花を取って記録に挑戦したい」/麻雀・女流桜花Aリーグ

決定戦進出者を決める最後の戦いは、仲田が大活躍。 [ ] 現グランプリMAXは本田朋広。 また、2018年9月28日放送のテレビ番組『芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン 121』(フジテレビONE)で、本人も番組も初めてとなる九蓮宝燈の役満貫を成立させるなど、実力も併せ持つ美人雀士です。 (地方理事、広島支部長)• 5 予選成績 順位 名前 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 5回戦 6回戦 7回戦 8回戦 合計 1 高宮まり(連盟会長推薦) 4. 2020年5月2日閲覧。 既婚者。 2006年創設。

>

女流プロ麻雀日本シリーズ2020 プレーオフ成績表

より 2020年5月2日閲覧。 同6本場、小平がまたも決死の先制リーチ。 イメージする麻雀観 日本プロ麻雀連盟BOOKS 2010年11月• グラビアン魂2018特別賞。 初戦トップを取っていた西城から連続で234の三色を直撃する最高の展開でトップ目に立ちました。 」(より引用)というもの。 (静岡副支部長) 六段• 1981年1月31日に紙上で設立を発表 、3月6日に設立された。 また、グラビアアイドルとしても活動しており、雀士とグラビアアイドルの活動を両立している。

>

日本プロ麻雀連盟

4月に開催されたRTD Girl's Fight3では予選を1位で通過する も、準決勝は4位に終わり同大会3連覇を逃した。 待ちの をツモって12000点。 所属団体では、連盟の女流プロによる対局番組「天空麻雀」には第20回目で初出場を果たすも予選落ちとなった が、第4期JPML WRCリーグは女流プロで唯一のベスト8となった ほか、女流リーグの第13期においてはBリーグ3位の成績で最も上のAリーグへの初昇級を果たした。 主要なタイトル名称をクリックすると歴代のタイトルホルダーの一覧ページに移動します。 女流プロ最強の称号は、誰の手に! (常任理事、副会長)• (理事、北陸支部長)• 2020年度大会からは連盟に限らず、他団体所属プロも一般プロ予選からの出場が可能となった。

>

夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2020 東日本リーグ個人戦プレーオフ2回戦

2020年5月1日閲覧。 最近のコメント• 第4位 宮内こずえ 宮内 こずえは、愛媛県松山市出身の女優、競技麻雀のプロ雀士。 中部プロリーグ:林俊宏• 第1回は2011年に開催される予定であったが、を受けて延期したため、2012年より実施されている。 その後は、灘が30年に渡って二代目会長を務めていたが、2013年4月1日より三代目となる森山茂和が会長に就任し、灘は名誉会長職となった。 2020年5月1日閲覧。 Mリーグ・渋谷ABEMAS所属。 (理事、北陸支部相談役)• 主催タイトル戦 [ ] 日本プロ麻雀連盟4大タイトル戦・グランプリMAX [ ] [ ] 現鳳凰位は藤崎智。

>