コロナ 患者 数 都 道府県。 #コロナ、都道府県別病床使用率50%以上4道府県。重症者用30%以上6都府県(12月2日時点)

東京都だけ「重症者」少なめカウント!国の通知無視「ICUで治療しても重症とは限らない」と独自基準、比較する意味ないじゃないか...: J

1%でした。 これでは、「ひとたびコロナにかかったら治らない」というイメージを国民に植え付け、いたずらに恐怖をかき立てかねないのではないか。 また、都は、重症の患者が人工呼吸器や「ECMO」を使用しなくなったならば、客観的にみても回復傾向にあるといえるとしています。 このうち重症の方は87人で、全員が入院されています。 今はやることをやって、患者さんをしっかり受け入れていこうということだ」と述べました。 厚労省が示した3~5月の国内の「第1波」の流行を踏まえた推計モデルを使って、各都道府県がピーク時の感染者数を推計した。

>

コロナ「第2波」、9府県で新規感染者が最大想定上回る [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

全都道府県で毎日発表される新型コロナウイルスの感染者数や重症者数といったデータのうち、重症者の数え方が東京都だけ他の自治体と異なっていることがわかった。 軽症中等症のための病床は886のうち389が埋まり、使用率は43・9%(ともに5月7日現在)。 専門家の分析は 3人で、前の週からおよそ44人増えました。 医療現場から『ICU=コロナ重症患者』ではない、との声もあり、実態に即したカウントをしている。 東京都も集中治療室の患者すべてが必ずしも重症ではないなどとして人工呼吸器か「ECMO」を使っている人のみを集計していましたが、今後はこれに加えて国の基準でも集計し、報告することにしています。 「都のホームページには、入院中の患者さんは5月7日時点で2679人と記されています。

>

東京都だけ「重症者」少なめカウント!国の通知無視「ICUで治療しても重症とは限らない」と独自基準、比較する意味ないじゃないか...: J

国の基準に基づいて都内の新型コロナウイルスの重症者を報告するよう求められていることについて、小池知事は、「国がそのようにおっしゃるので国へはその方向で情報を提供する」と述べました。 だが、マスコミ各社がそろってコロナから回復した人、つまり「退院者数」の数を報じないことに違和感を抱かないだろうか。 会議では、2日までの7日間平均で、都内で新たな感染の確認がおよそ443人となり、1週間前のおよそ400人から、さらに増加したと報告されました。 実際、NHKが集計した「新型コロナ対応のベッド数と入院患者数データ」を確認すると、医療崩壊が起きていると思しき数字が刻まれていた。 3人で、前の週よりおよそ19人増えました。

>

【コロナ禍】小池知事はなぜ都の「入院患者数」をごまかし「病床使用率」を隠すのか

これについて小池知事は「現場の医療施設を最も戦略的に生かせる方法として、集中治療室という場所よりも、むしろ医療器具やそれぞれの患者の状況などを専門家が分析してこれまでもモニタリングを進めてきた。 沖縄県ではピーク時に425人の療養が必要と想定されたが、厚労省が週1回発表する療養状況の集計で、療養者数が最も多くなった8月12日時点だと、沖縄県の療養者は937人と大幅に上回った。 その理由については、集中治療室に入っている患者が必ずしも重症とは限らないことなどをあげています。 このほか、茨城県と和歌山県も国の基準と異なる集計を行い、公表していますが、これ以外に国の基準に沿った集計も行い報告しているということです。 一方、厚労省の担当者は「重症者かどうか医師の判断にゆだねると基準があいまいになるため、一律の基準を設けている。 7日の会見で安倍晋三首相は「人と人との接触機会を最低7割、極力8割削減することができれば、2週間後には感染者の増加をピークアウトさせ、減少に転じさせることができます」とコメントした。 〇 病床使用率 ・・北海道・の4で50%以上となりました。

>

東京都 新型コロナ 「通常医療との両立 困難生じ始めている」

また、ピーク時に療養が必要なのは合計3万6556人だった。 また、都の基準で集計した重症患者は2日時点で59人で、前回・1週間前より5人増えました。 また、年代別にみると80代以上を除く、すべての年代で家庭内感染が最も多くなりました。 NHKが各地の放送局を通じて都道府県などに重症者の集計方法を聞いたところ、8つの都府県で国の基準とは異なる方法で集計していることがわかりました。 また、西村大臣は、21日午前10時半から、専門家による政府の分科会を開催し、感染状況の分析やワクチン接種のあり方などを議論することを明らかにしました。 このため、都としては、集中治療室に入っているかいないかにかかわらず、人工呼吸器か「ECMO」と呼ばれる人工心肺装置を使っている患者のみを「重症者」として集計しているということです。

>

【コロナ禍】小池知事はなぜ都の「入院患者数」をごまかし「病床使用率」を隠すのか

59人中49人は、今週、新たに人工呼吸器を装着した患者で、先週より17人増えました。 東京都にも一律の基準で重症者をカウントしてもらうよう、今後話し合いを進める」と話していた。 厚労省の担当者は「計画を上回る場合は実際の感染状況に合わせて各都道府県が対応していく」としている。 それでも、病床の埋まり具合を大雑把にでも示せないのかと、なおも粘ると、 「ベッドが埋まっているとなると、大変な事態ですが、宿泊施設に入っておられたり、自宅におられたりする方が、実際に入院されている方よりもはるかに多いわけですから、少なくとも病院があふれているといったことはないです」 たとえば大阪府は、重症者のための病床188のうち61が埋まり、使用率は32・4%。 専門家は「重症化リスクが高い高齢者の感染が増加している。 専門家は「病床を確保するために医療機関は、通常の医療のための病床を新型コロナウイルスの患者用に転用している。

>