インフルエンザ 流行 期 における 発熱 外来 診療 体制 確保 支援 補助 金。 「令和2年度インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業」について|厚生労働省

【医療機関向け】発熱外来診療体制確保支援補助金

G-MISによる報告 指定医療機関は、指定を受けている間は、G-MIS(ジーミス)により、受診者数等について、次により報告をお願いします。 IDが付与されるまでの日々の実績については、入力可能となった後に、さかのぼって入力が必要になりますので、その間の実績は下記の記録表を参考に、各医療機関で記録を取っていただくようお願いします。 データ名と電子メールの件名には、医療機関名を記載してください(例:「発熱診療等医療機関指定申請(医療機関名)」)。 その他参考となるべき書類 提出書類(請求時)• 事業の概要 都道府県の指定を受けた「診療・検査医療機関(仮称)」が、発熱患者等専用の診察室(時間的・空間的分離を行い、プレハブ・簡易テント・駐車場等で診療する場合を含む)を設けて、発熱患者等を受け入れる体制をとった場合に、外来診療・検査体制確保に要する費用が補助される制度となります。 新着情報 令和2年12月1日 指定申請手続きの変更届についてを更新しました。 国庫補助金(インフルエンザ流行期における発熱外来診療体制確保支援補助金)の申請について 県が指定した診療・検査医療機関は、国庫補助金の交付を受けることができます。

>

「令和2年度インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業」について|厚生労働省

申請書に不備等があった場合に県から問い合わせる先の担当者名と電話番号の記入をお願いします。 各郡市医師会からの報告を受け、国から各指定医療機関あてに直接送付される予定です。 本補助金は、院内感染を防止するために必要な設備整備等を支援する「設備整備等事業」と、院内感染を防止するために必要な感染拡大防止対策や診療体制確保等に要する必要の実費分を補助する「支援金事業」の2つの事業で構成されており、令和2年4月1日~令和3年3月31日までに支出した経費が対象となります。 可能です。 申請書の対象患者の欄で、自院のかかりつけ患者または自院に相談のあった患者のみを受け入れるとして回答した医療機関には、受診・相談センター(仮称)からかかりつけ患者以外の発熱患者等の紹介を行うことは通常ないと考えられます。 帰国者・接触者外来等設備整備事業 提出・お問い合わせ先 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課(交付金対応班) 〒060-8588 札幌市中央区北3条西6丁目 電話:011-206-0409(直通) 提出期限 令和2年12月28日(月曜日)• ・概要 都道府県の指定を受けた「診療・検査医療機関」が発熱患者等専用の診察室(時間的・空間的分離を行い、プレハブ・簡易テント・駐車場等で診療する場合を含む)を設けた上で、地域の医療機関等と情報共有して、発熱患者等を受け入れる体制をとった場合に、外来診療・検査体制確保に要する費用を補助 事業の詳細は、厚生労働省のホームページをご確認ください。

>

各種交付金・補助金(医療機関向け)/札幌市

また、令和2年9月には、予備費等を活用して、新型コロナウイルス感染症患者を受入れる医療機関の安定的な経営を図るとともに、インフルエンザ流行期に備えた医療提供体制を確保するため、インフルエンザ流行期における各種補助金が創設されました。 申請期限が定められているので、ご注意ください。 なお、国庫補助金交付申請書に記載する指定書の日付(指定日)は後に送付された指定書の日付を記載し、添付する指定書の写しについても後に送付された指定書の写しとしてください。 以下のリンクを参照し、申請書類を 準備し、厚生労働省発熱外来診療体制確保支援事業担当 へ郵送にて提出することになっています。 神戸市医師会の置塩隆会長は「小さな診療所が普段の患者を見ながら、同時に防護具を着て発熱患者を見るのは難しく、多くは申請もできないはず。

>

2020年10月5日_インフルエンザ流行期における発熱外来診療体制確保支援補助金

医療機関に併設する介護事業所における慰労金の申請等について• 県からの報告を受け国から各医療機関あてに直接送付される予定です。 診療・検査医療機関は、 保健所と委託契約を交わし、専用の診察室の体制整備や行政検査への対応が可能な地域の医療機関が対象となり、都道府県が指定する。 同時期にコロナが再流行した場合には、医療現場のひっ迫は免れない状況となっていますので、医療機関の関係者の方は「令和2年度インフルエンザ流行期に備えた発熱患者の外来診療・検査体制確保事業」に参加し、政府の取組にご協力ください。 発熱診療等医療機関の指定について 発熱診療等医療機関は、受診・相談センター(仮称)や地域の医療機関から紹介を受けた患者や自院のかかりつけ患者(自院のかかりつけ患者のみへの診療・検査も可能)への診療・検査を行う医療機関です。 。 「診療・検査医療機関」の指定に係る意向調査について インフルエンザの流行期に備え、厚生労働省から「次のインフルエンザ流行に備えた体制整備について」(令和2年9月4日付け厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)が発出されました。

>

【医療機関向け】発熱外来診療体制確保支援補助金

主要取引先(卸売業者名) ID等に関する問合せ先 G-MIS事務局(コールセンター):03-5846-8233 (平日9時から17時まで) 厚生労働省事務連絡・マニュアル・医療機関向け説明会等 をご覧ください。 兵庫県感染症対策課は「頑張っている診療所への奨励金ではなく、診療体制を整えているのに患者が来なかった場合の補償」と説明。 ただし、10月30日以降については申請状況等により予告なく受付が終了する可能性もあるため、都道府県から指定を受けた後は、できる限り速やかに申請を行うのが確実です。 なお、今回の補助金の最終的な算定方法は上記のとおりとなりますが、交付申請にあたっては3月末までの各稼働日における受診者数の見込み(以下「想定受診者数」という。 ・実際の発熱患者数が0人の月(令和2年9月、10月は除く)については上記により算出された額を1/2を乗じることとなります。 申請書類・提出期限 1 申請書類 厚生労働省ホームページよりダウンロードできるようになっています。 また、自宅療養や自宅での待機を行っている患者に対するフォローアップについては、可能な範囲で協力する。

>

「診療・検査医療機関」の指定等について

ただ今のところ、兵庫県内で指定された機関はない。 同一の診察室で他の疾患等の患者の診療を行った場合は、発熱患者等を受け入れる体制がそれだけ減少していると考えられることから、他の疾患等の患者数を「発熱患者等の想定受診患者数」から差し引いた人数を、同日の「発熱患者等の想定受診患者数」とします。 申請にあたっての留意事項 本補助金の交付を希望される医療機関の皆様におかれましては、厚生労働省に申請していただくようお願いいたします。 ただし、自院のかかりつけ患者及び自院に相談のあった患者である発熱患者等のみを受け入れる場合は、46行目の補助申請額を記入する。 補助金の交付申請 この補助金は、発熱患者等を受け入れる体制を確保した時間と実際の受診者数に応じて交付するものですが、今回の補助金の交付申請については、申請する医療機関が3月末までの受診者数の見込みに基づいて金額を計算して申請を行う 「概算払い」での対応となります。 ア. 予め発熱患者等の対応時間帯を住民に周知する。 北海道国民健康保険団体連合会あての申請 次の慰労金および支援金は、北海道が北海道国民健康保険団体連合会に委託しておりますので、申請・お問い合わせは道国保連までお願いいたします。

>