Javascript 乱数。 [simplenoise] 自然な乱数

[simplenoise] 自然な乱数

この数値が小さいほど、乱数の変化のスパンが長くなります。 y: 数値を入れます。 htmlのソースを表示してください。 y: 数値を入れます。 z: 数値を入れます。 jsと連携しただけのサンプル クリックしたら、乱数のシードをリセットし、普通の乱数とパーリンノイズのシードを切り替えます。 この数値が小さいほど、乱数の変化のスパンが長くなります。

>

メッセージをランダム表示

simplex2 x, y パーリンノイズではない普通の乱数が返されます。 これらのエフェクトのほとんどが2次元、3次元で使用するパーリンノイズを代表するものですが、このノイズはもちろん4次元にも使用可能です。 ようは、ある程度規則性を持った自然な乱数ってことで、理解しておけばいいと思います。 パーリンノイズは、ゲーム開発においては、波形の類や、起伏のある素材、テクスチャなどに有用です。 [引数] x: 数値を入れます。 乱数が10ならmsg変数はまず「大吉」になり、次に「中吉」になり、以後の条件には外れますので、最終的に「中吉」となります。 結果として、条件文を並べることで、条件を絞って行くことになり、それぞれに乱数を取る範囲ができあがり、これによって各条件の確率が異なる結果になっています。

>

[simplenoise] 自然な乱数

その中のperlin. 準備 ライブラリ まずは、下のページからライブラリをダウンロードしてください。 さらに、パーリンノイズは( テラリアや Starboundなどに使われている)横スクロールの地形や、手書き線のような画像描写にも使用できます。 戻り値は、-1~1の浮動小数点であり、普通の乱数よりもなだらかなものになります。 乱数が90の場合、すべての条件に当てはまって行きますが、最終的には「大凶」となります。 jsというファイルをscriptタグから読み込んでください。 パーリンノイズの開発者であるKen Perlinは、。 [引数] x: 数値を入れます。

>

メッセージをランダム表示

戻り値は、-1~1の浮動小数点であり、パーリンノイズよりも起伏が激しいものになります。 ソースコード phina. 条件文は上から徐々に範囲を絞っています。 彼が2002年に発表したについて、私はこの記事で掘り下げていきます。 応用 ボタン無しで、HTMLの表示と同時にメッセージを表示する場合は以下のようになります。 jsと連携して使ってみる 今回の記事は、 パーリンノイズについて。 ただの乱数では表現しきれない、自然物等を描くのに適した乱数です。

>

[simplenoise] 自然な乱数

詳細はInstantJoker.。 jsをご存じでない方がいらっしゃいましたら、よろしければこちらの記事もご覧ください。 例えば手続き型の地形(Minecraftのような地形はパーリンノイズで生成できます)、炎のエフェクト、水、雲などにも使えます。 canvasで描画する場合は、このままやればいいのですが、私がいつも使っていると一緒に使わせてください。 この数値が小さいほど、乱数の変化のスパンが長くなります。

>

[simplenoise] 自然な乱数

戻り値は、-1~1の浮動小数点であり、パーリンノイズよりも起伏が激しいものになります。 再読込をするとメッセージが変わります。 この数値が小さいほど、乱数の変化のスパンが長くなります。 戻り値は、-1~1の浮動小数点であり、普通の乱数よりもなだらかなものになります。 この数値が小さいほど、乱数の変化のスパンが長くなります。 perlin2 x, y パーリンノイズが返されます。

>