鵜殿 長 照。 鵜殿長持・長照

鵜殿長照 Udono Nagateru

『新潟市史・資料編』の「天保十亥年正月 貞享元子年より諸役人留」に正徳2年(1712年)から享保4年1月(1719年)まで越後長岡藩のを勤めた「鵜殿団次郎」が見えるほか、洋学者で幕臣となり蕃書調書教授や目付となったと弟で海援隊所属のを輩出している。 いずれにしても、督姫は小田原で3ヶ月の籠城も経験し、「早川上水」の必要性を熟知していたであろうから、そのことを池田家の子供や孫に話していたことは十分考えられる。 鵜殿宗家である上ノ郷家の当主は、長善-長将-長持-長照と続きました。 幕府祚胤伝作宝永6年9月7日(1709年10月9日)〕。 長照は城兵を鼓舞し、山野の草木の実を採取して飢えを凌いだと伝わる。 氏長と氏次の兄弟は家康に降伏し、以降は家臣として仕えた。

>

「鵜殿長照:うどのながてる」[人名](鵜が入る熟語)読み

こうした縁で、大久保忠員の娘で忠世・忠為の妹を娶ったのであろう。 また、長照の叔父に当たる平蔵殿は、家を出て今川家に直参することにした 一族の内から家康に従う者や、後援者であった今川氏との齟齬が現れ始めている様子が見て取れます。 鵜飼孫六の仕業により、しっちゃかめっちゃかになってしまった上ノ郷城の本丸。 次男忠継は慶長19年11月の大坂冬の陣に、前年に他界した父に代わり義兄利隆と共に徳川方で参戦、岡山に帰城してから発病し、同20年(1615)2月23日に死去。 文明4年9月23日(ユリウス暦:1472年10月25日)卒。

>

「鵜殿長照:うどのながてる」[人名](鵜が入る熟語)読み

「今(天保期)も拝領している」とある。 鵜殿 鳩翁(うどの きゅうおう、(5年) - (2年))は、後期、期のである。 徳阿弥。 法名棹舟院殿一閑道閲大居士。 その後、千姫の母崇源院(お江与の方)や綱吉母桂昌院の位牌も安置され、勢至堂は徳川家の女性を供養する常念仏の道場となったそうです。 また上ノ郷城落城の際に生け捕りにされた二人の子(氏長・氏次)は、当時駿河で捕らわれの身だった築山殿(元康の正妻)・松平信康(元康の長男)の身柄と交換される形で解放されました。

>

鵜殿長照とは

寛文12年10月26日(1672年12月15日)卒。 法名宝近 長將 藤太郎。 そして、同『家譜』は忠為の妹に、「鵜殿平蔵長重妻」を記している。 慶長19 1614 年生。 永禄5年三州西郡落城の時、伴与七郎の擒にな る。 この隙に伴与七郎・伴太郎左衛門の伴家の忍びが動き出します。 しかし、鵜殿氏の一族 下ノ郷鵜殿氏 で僧となった日翁が寛永年間 1624~43 に書き残した記録である「鵜殿由緒書」 長存寺文書 には、次のようにあります。

>

武家家伝_鵜殿氏

忠雄は母の埋葬地である知恩院山内に、母の菩提寺建立を宿願として、母の弟である将軍秀忠の許しを得ます。 信長劣勢と分かれば、その時点で大高城から兵を出していたでしょう。 生国は三州、三州碧海郡上ノ郷城主。 僅か2ヶ月後の同年11月4日、 氏直は他界している。 2月4日長照戦死(自刃とも)、子の三郎氏長 氏廣とも と氏次は捕縛され、吉田城(豊橋市今橋町)に連れて行かれた。 明信院殿澄誉恵顔光耀大姉〔幕府祚胤伝作明信院登誉恵鑑光耀大姉〕) 徳松 (母同。 満49歳。

>

鵜殿長照

従五位下。 〔保科正直女〕。 墓所はの本要寺。 中ノ丸様。 葬伝通院。 宝永元年7月1日(1704年8月1日)卒。 略歴 [ ] (現在の神ノ郷町、『』では、西之郡之城とある)主で、の妹婿に当たる。

>

鵜殿長持・長照

寺号は蓮光寺と称したが、長應寺檀家の墓は勿論、宗祖・開山・歴代・蓮葉院殿日淨尊霊(西郡局)の墓碑などが移転され、檀信徒は蓮光寺とは呼ばず長應寺と呼んでいた。 母家康女振姫君。 「宝珠院殿」は北條家過去帳であるが、この墓碑は縁了院殿で「万姫」と言い、他界日も慶長7年11月20日であるという。 永正7 1510 年生〔徳川幕府家譜による。 こうした当時の扱い(実際はどうだったか?)を理解せずに、『家譜』を「多くの人たちが鵜呑みにして」、「督姫は自分の息子可愛さに池田家を恣いまゝにしたことから、同家の墓地に埋葬することも許されなかった」などとする記述も、とんでもない誤りである。

>

鵜殿長照と人質交換となった鵜殿氏長とその弟である鵜殿氏次

左京亮。 165• 永禄三年(1560)の桶狭間の合戦はこの地の勢力地図を大きく変えた。 再再縁保科弾正正直室) 女子 (初荒川甲斐守頼持妻。 「東国紀行」 長持は弘治三年 1557 九月に亡くなりました。 備中鳥取藩家老・津田元謨(荒尾成熈の三男)の三男。

>