情報 セキュリティ 10 大 脅威 2019。 「情報セキュリティ10大脅威2019」を読み解く(1) 標的型攻撃による被害

「情報セキュリティ10大脅威2019」を読み解く(1) 標的型攻撃による被害

第10位 IoT 機器の不適切な管理 企業だけでなく一般家庭でもインターネット経由で操作を行うことができるIoT機器の利用が増えている。 「情報セキュリティ5か条」の3. 第7位 ネット上の誹謗・中傷・デマ インターネットの匿名性を利用して、特定の個人や組織に対して誹謗・中傷や根も葉もないデマを発信する事件が発生している。 はじめまして、ICT未来図編集部のサイバーセキュリティ担当のYamaSanと申します。 当初は主に海外の組織が被害に遭ってきたが、ここ数年で国内企業でも被害が確認されはじめ、2018年には日本語のビジネスメール詐欺の事例も確認された。 プレス発表• 2019年7月1日にサービスを開始した「7pay」アプリだが、スタート直後から身に覚えのない不正チャージや利用が相次ぎ、7月31日17時時点で38,615,473円(808人)の不正利用被害が確認された。 電子証明書付きメールをサポートしているメールソフトを使えば、なりすまし防止に大きな効果が見込めます。

>

情報セキュリティ10大脅威 2019:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

第5位 ネット上の誹謗・中傷・デマ インターネットの匿名性を利用して、特定の個人や組織に誹謗・中傷や犯罪予告をする事件が依然として発生している。 そして、最終目的である標的への攻撃を試みることが指摘されています。 また、メディアが「多要素認証」をよく取り上げていたとした上で、「改めて多要素を使った認証設定が必要だと関係者に感じさせた」と話した。 サプライチェーン攻撃の実例 スーパーマイクロのマザーボードへのチップ埋め込み疑惑 この件は、米ブルームバーグがスクープした記事ですが、各企業がその事実を否定しています。 攻撃者はメールだけでなく、郵送という2経路目も侵害しないとビジネスメール詐欺が成立しなくなるのです。 2017年版 10大脅威 職場に迫る脅威! 家庭に迫る脅威!? 急がば回れの心構えでセキュリティ対策を• この際に注意すべきなのは、システムユーザー以外の特権アカウントに対し「共有アカウント」を作らないことです。

>

2019年セキュリティ10大ニュース、1位は「7Pay」(JNSA)

IPAの「安心相談窓口だより 」をはじめとした情報セキュリティのページ、ネットのニュースやブログをチェックし情報収集に努めてください。 情報セキュリティコラム一覧: 関連記事:• 取引先の金融会社の担当者を装うメールで支払い口座の変更依頼があり、送信元のアドレスが担当者と同じだったので航空会社側は送金し、後から本物の金融会社から督促があり、だまされたことが判明しました。 インターネットバンキングを狙った攻撃は継続して確認されているが、被害件数や被害額は年々減少傾向となっている。 その派遣社員は個人のスマートフォン経由でデータを20回以上持ち出し、名簿業者へデータを売却しました。 やソフトウェアは常に最新の状態にしよう! 多くのWordPressサイトでは、制作時当時のバージョンのままであったり 自動バージョンアップ設定では乗り越えられない大幅改定時のブランチ(系統)の壁があり古いバージョンのままのものが多くあります。

>

「情報セキュリティ10大脅威 2019」を読み解く(2) ビジネスメール詐欺による被害

WordPress. 2020年初頭には、複数の防衛関連企業が不正アクセスを受けていたという報道があった。 サービス妨害攻撃によるサービスの停止とは? 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が発表した「セキュリティ10大脅威 2019組織編」では「サービス妨害攻撃によるサービスの停止」が6位にランキングされました。 転載部分と作成部分が混在する場合、転載部分か、作成部分かが明確にわかるようにすること• 第3章 注目すべき脅威や懸念 社会に影響を与える恐れがあり、現時点で注目しておきたい脅威や懸念等について解説しています。 「機会」とは、不正行為の実行を可能、または容易にする環境を指します。 個人 第1位 クレジットカード情報の不正利用 ウイルス感染やフィッシング詐欺等により、クレジットカード情報が攻撃者に窃取され、不正利用が行われている。 ビジネスメール詐欺の対策は? ビジネスメール詐欺にはどう対応すればよいのでしょうか? 最も重要なのは、取引先とのコミュニケーション手段がメールだけの1経路である部分を見直すことです。

>

「情報セキュリティ10大脅威2019」を読み解く(1) 標的型攻撃による被害

第7位 インターネットサービスからの個人情報の窃取 インターネットサービスの脆弱性が悪用され、インターネットサービス内に登録されている個人情報やクレジットカード情報等の重要な情報を窃取される被害が発生している。 このの場合、SSL化していても、SSL化の恩恵は受けられません。 侵入経路はフィッシングメールのほか、正規のWebページを改ざんした水飲み場攻撃、広告を悪用した攻撃で感染するケースもあります。 2018年3月にはITコンサル大手A社の元執行役員が同業他社B社に転職した際に、人材の引き抜き目的で従業員名簿、顧客向けの金融システム提案書や見積書などの営業秘密を不正に持ち出し、B社に開示したことで逮捕されました。 今年1月、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)から「情報セキュリティ10大脅威2020」が公表されました。 しかし海外では、サイバー保険に入っていると公表している医療機関、教育機関、公的機関、交通機関が、ランサム(身代金)を払いやすいとハッカーに認知され始めているのか、ランサム被害を受けています。

>

情報セキュリティ10大脅威 2020

第9位 脆弱性対策情報の公開に伴う悪用増加 ソフトウェアの脆弱性対策情報の公開は、脆弱性の脅威や対策情報を広く呼び掛けられるメリットがある。 このランキングは、2018年に発生した社会的影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者などからなる「10大脅威選考会」が審議・投票を行って決定したもので、例年通り「個人」と「組織」という異なる視点でそれぞれの「10大脅威」が選出されました。 第3位 不正アプリによるスマートフォン利用者への被害 不正アプリをスマートフォン利用者がインストールしてしまうことで、スマートフォン内の重要な情報を窃取されたり、一部機能を不正に利用される被害が確認されている。 サービスは9月30日に終了した。 これは、IPA が昨年発生した情報セキュリティにおける事案から脅威候補を選出し、情報セキュリティ関連に携わるメンバーで審議・投票を行い、順位を決定したものです。

>