コロナ アメリカ 入国 制限。 コロナ禍で気になるアメリカ入国のESTAやビザ滞在。在米弁護士に聞いた(安部かすみ)

【2020年12月4日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

主に米国市民を対象とする新たな措置の概要は以下の通りです。 以上の措置の期限は未定としており、各対象州の更新は隔週の火曜日に発表されます。 以下の対象州に居住する市民と対象州に24時間以上滞在した渡航者は、入域の際に14日間の自己隔離が義務付けられますのでご注意ください。 短期滞在者についてはドイツから日本への渡航者への入国制限緩和が合意に至るまで、日本からドイツへの渡航者の入国制限も継続されます。 2020年3月18日【感染症危険情報】• (バーンズ&ソーンバーグ法律事務所、山本真理弁護士). 対象地域• 申請フォームの内容はをご確認ください。 詳しくは、をご参照ください。

>

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年12月04日09:00時点)

感染者は人口が多いテキサス州(109万4356人)、カリフォルニア州(103万3687人)、フロリダ州(88万5201人)、ニューヨーク州(59万7394人)、イリノイ州(57万3616人)などで特に増えてきており、医療システムの崩壊の危険性が高まっています。 この規制は 日本からの渡航者も適用となりますが、対象州に24時間以上滞在していない方は適用外となります。 シカゴ市では同措置を違反した事業者に対し最大1万ドルの罰金を科すとしており、重大な違反があった場合は事業閉鎖を命じるとしています。 郵送に関するビザ申請の方法や注意点はをご確認ください。 米国では失業給付金の申請者が増加しており、受給者数の割合が多い州の順位は次の通りとなっています。 ノースダコタ州• アメリカ航空業界団体の最大手であるエアラインズ・フォー・アメリカ A4A に加盟する航空会社にて施行され、一部の航空会社では既にマスクの着用が義務付けられています。

>

【最新情報】アメリカのコロナパンデミックの状況

2020年4月23日【領事メール】• 渡航者は14日間にわたる自己隔離や公共の場でのマスク着用義務など、州で施行中の規制を遵守することが求められます。 2 以下の国からの渡航者は、72時間以内のPCR検査の陰性証明書を提示するか、または、フランス到着時の空港においてPCR検査を実施する。 米国移民・関税執行局 ICE より発表された主な内容は以下のとおりです。 アイルランド()• スイス• ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州への入州制限 過去最多の36州が対象に 現地時間の7月28日、ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの州政府は共同で声明を発表。 隔離を要請する期間 : 入州日より14日間 上記の対象州よりニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州の3州へ入州する全ての市民と渡航者は入州時に14日間の自己隔離が要請されます。

>

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

リトアニア• 入国前に、ご自身で入国後に待機する滞在先と、空港からその滞在先まで移動する手段(公共交通機関以外)を確保すること 出典: 出国前に、家族や会社を通じて空港から自宅までの交通手段を御自身で確保していただくようお願いします。 提供しない場合には2,000ドルの罰金を科すとしており、入州する市民や渡航者に対し注意を呼び掛けています。 隔離要請の対象州 22州と1地域 ケンタッキー州、ネバダ州、テキサス州、ワイオミング州、アイダホ州、ミネソタ州、モンタナ州、ウィスコンシン州、アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、アイオワ州、カンザス州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、ユタ州、プエルトリコ準州 なお、イリノイ州クック郡 エバンストン、スコーキーを除く においてもシカゴ市と同様の入域制限が適用されます。 感染拡大状況に伴い、休校等の措置が行われますので随時希望先校への確認が必要です。 レストラン等の飲食店は店内での飲食を禁止 テイクアウト販売のみ許可• 現在、米国内の25以上の都市で夜間外出禁止令が発令されており、政府と当局は市民に対し自宅に留まるよう呼びかけています。 有本)満員電車でもクラスターが起きていないことを考えると、そこは辛うじて大丈夫なのかなということです。

>

入国後の14日間待機 短期出張や日本居住外国人 条件付きで免除

また3月初旬から、ヨーロッパが大変だということになったわけですよね。 その場合、日本は帰国した方に関して、自宅にいてくださいと「要請」するという弱い対応しか取れないのです。 11月2日更新 : ニューヨーク州への移動に関し新たな入州制限を導入 11月4日より施行 ニューヨーク州のクオモ知事はアメリカ国内の他州からニューヨーク州へ訪れる方に新たな制限を導入すると発表。 ESTAで延長滞在が可能に Q. 空港の検疫検査で陽性だったら? 万が一新型コロナウイルスの検査で陽性が出た場合は、症状によるものの、医療機関や宿泊先の案内をその場で受けるそうです。 なお、1便あたりの感染者が5人に達した場合には1週間、10人に達した場合には4週間運航が停止となります。 しかし、10月1日より、ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開しました。 エストニア• アイルランド• つまり移動の代や、滞在する14日間の宿泊費は自腹となります。

>

新型コロナウイルス関連情報

。 JL010 : 月・木・土運航• 上記の義務に従わない場合はハワイ州の定めにより罰金などが科せられる場合がありますのでご注意ください。 以下の州から訪れる市民と渡航者は前述の3州に入州する際、14日間の自己隔離が義務付けられますのでご注意ください。 なお、会見前日の10月14日には、米国内の奴隷が解放された6月19日 Juneteenth を州の祝日とすることが発表されています。 ESTA取得者の滞在許可期間の延長• そのため、多くの州で緊急事態宣言や夜間外出禁止令が発令されており、米国の各地で緊張した事態が続いています。

>

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

これにより米国とカナダの往来は基本的に禁止となりますが、国境付近の市民や企業の通勤・通学、ビジネス、緊急の要件は国境閉鎖の対象とせず、従来通りの往来が許可されます。 アメリカでは新型コロナウイルスの影響により全ての授業をオンライン化する大学や高校が増えており、ハーヴァード大学では新学期から行われる全ての授業をオンライン化することを明らかにしています。 自己隔離要請の対象州 10月6日発表 ニューメキシコ州、コロラド州、ミネソタ州、ネバダ州、ロードアイランド州、ワイオミング州、アラバマ州、アラスカ州、アーカンソー州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、アイダホ州、イリノイ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ノースダコ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、テキサス州、ユタ州、ウエストヴァージニア州、ウィスコンシン州、グアム準州、プエルトリコ準州 前回の対象から削除された州は無く、現時点で33州と2地域が対象となっています。 ただし、外出時はマスク着用と社会的距離の保持が求められます。 トランプ政権は、早ければ来年1月にも新型コロナウィルスのワクチン3億回分を確保し、国民への接種を開始したいとしています。

>

各国の入国制限や検疫体制について

ネブラスカ州• フィンランド• (8) タイ国籍を保持しない者で,有効な労働許可を保持している,または法令によって王国での労働が許可されている者,またこれらの配偶者や子息。 アラバマ州、アラスカ州、アリゾナ州、アーカンソー州、カリフォルニア州、コロラド州、コネティカット州、デラウェア州、フロリダ州、ジョージア州、アイダホ州、ケンタッキー州、ルイジアナ州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ミシガン州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、ネバダ州、ニューメキシコ州、ノースカロライナ州、オハイオ州、オクラホマ州、オレゴン州、ペンシルベニア州、ロードアイランド州、サウスカロライナ州、テネシー州、テキサス州、ヴァージニア州、ワシントン州、ウエストヴァージニア州、プエルトリコ準州、ワシントンD. 3月16日より日本からグアムへ渡航する方は、日本の医療機関より新型コロナウイルスの非感染者であることを証明する英訳された診断書の提出が求められます。 スペイン 留学に必要な許可・ビザを保有している日本人留学生の渡航が可能です。 自己隔離を要請する期間:原則として対象州を離れた日から14日間• CNNの報道によると、アメリカ疾病管理予防センターは、海外からの帰国者および入国者に求めていた14日間の自主隔離期間に関するガイドラインを更新し、事実上撤回しました。 入国後の国内での公共交通機関の利用の禁止(空港での他の航空機への乗り換えを除く)14日間の自己隔離が義務となっています。 検疫官は新型コロナウイルスを移される確率も高いため、軽微な装備だと検疫官から新型コロナウイルスが拡散しそうで怖いですね。

>