国際 開発 コンサルタンツ。 国際事業全般

株式会社国際開発コンサルタンツ(東京都新宿区)の企業情報詳細

特にこの種の案件に大学教官に参加により、コンサルタントチームの能力を強化できる。 お気軽にご参加ください。 そこで、今回は「 開発コンサルタント」という仕事は、一体どのようなこと職業で、 開発コンサルタントになるためには何が必要なのかについて、紹介していきたいと思います。 新たなテクノロジーが開発手法にもどんどん活用されてきたりすると、今後も生き残れる企業、そうでない企業と差が出てきます。 私の働く会社も、社員の半分近くがTOEIC満点だそうで、その上で第3、第4言語を習得されている方も多くいます。

>

国際開発コンサルタントとはどんな職業で、目指すためには何が必要か

それはひも付き援助に関わることです。 ご購入は右欄の「FIDIC出版物」からお願いします。 ・求める人物像 募集職種:技術系、計画系、その他 募集人数:随時 技術力だけでなく コミュニケーションの取れる人 技術系コンサルタントは専門技術を商品化して売るのが仕事ですが、売れるためには顧客に対するコミュニケーション能力が必要です。 学歴 開発コンサルタントは"学歴"が求められるのも事実です。 ECFAのページでの区分に基づいています。 出展ブースではキャリア相談を行っています。 エクファは通商産業省(現経済産業省)および建設省(現国土交通省)の認可により設立された、非営利の公益法人です。

>

国際開発コンサルタントとはどんな職業で、目指すためには何が必要か

現在では途上国に対する先進国の側での市場開放の重要性が求められている。 現在、建設が計画されているベトナム・ホーチミン市のロンタイン新国際空港には、構想段階から関わっている。 設立当初の1970年代から中南米各地の空港建設に携わり、その後はアジアや欧州、北アフリカへと活躍の場を拡大。 そもそも開発コンサルは援助国すべてにあるものなのでしょうか。 そのため、主なクライアントはJICAや国際機関などの政府関係になります。 このように、日本のODAであるけれども、他国の企業が行ってもいい場合を「アンタイド援助」と呼ぶわけです。 ハードなインフラだけでなく、社会経済開発、保健、教育、人材開発などソフト分野での開発コンサルタントの重要性が増していることが伺えます。

>

国際事業全般

日本の二国間援助の技術協力実施機関である国際協力事業団(JICA: Japan International Cooperation Agency)はコンサルタントの登録制度を設けている。 そのため、JICAは皆さんの税金を使っている以上、事業をやったらやりっぱなしということは出来なく、その事業に対して計画した目標が達成できたのかを 「評価」 することになっています(ここが開発くんの業務となります。 会員企業向けにコンサルティング業務に必要な情報をE-mailにて配信しています。 経営コンサルタントの経歴、中小企業診断士といった関連する資格をお持ちの方• 記事の内容• 相互交流により双方のレベルアップや開発関係の人材育成が期待できる。 そのため、有償資金協力、例えば鉄道案件において、日本のODAで建設しようとしたとしても、日本企業がその国際競争入札に技術面・価格面で勝たなければ、他国の企業が行うことになります。

>

国際開発コンサルタントとはどんな職業で、目指すためには何が必要か

新興国や途上国を中心に、インフラに関わるエンジニアリングを核として工業団地形成、都市鉄道の沿線開発やスマートコミュニティ建設、港湾、鉄道、空港などの輸送システムづくりをはじめとして、エネルギー開発、防災、水ビジネス、大都市の廃棄物処理や温暖化対策に関して、民間資金を活用した事業展開(PFI)など、日本国内で培った技術と経験を活かし、幅広い国際事業の展開に挑戦します。 国内または海外のインフラ事業の計画・実施・監理経験を有し、事業の経済・財務分析に強い関心のある方• 短い(2週間程度)の出張を繰り返すパターン 一方で、最短期間は2週間程度です(1週間ということはほとんどありません)。 建設技研インターナショナル 建設技研インターナショナルの初任給は、修士卒で 22万4,300円となっています。 考える人、つなぐ人、やる人です。 なので必然的に、開発コンサルタントは途上国に滞在する期間が長くなります。 もちろん、考え方や価値観の違いはありますが、目指しているところが同じというのは共有し合えるものも多く、助け合える環境の中で働くことができます。

>

国際協力の専門家として海外で仕事する:開発コンサルタントとは?│ぐりぐら

政府開発援助(ODA)による海外の空港建設プロジェクトにも、数多く参画している。 双方の相互理解を深める上で、意見・情報交換を目的とした懇談会を開催することは有益であろう。 会員企業について知りたい方はのページをご覧ください。 Ad 比較する開発コンサルタント企業 今回は、数多ある開発コンサルタントの会社から、ECFA(海外コンサルタンツ協会)のホームページで新卒採用があるとされているに、新卒採用を採用しているソフト系の2社を加えて比較します。 。 1 大学関係者との懇談会 コンサルティング業界と大学関係者との率直な意見交換の場が必要であろう。 私は今後のキャリアでマネジメントや政策面に携わる機会があったとしても、まずは現場に出て現地のニーズに触れたいという思いがあったため、国際協力師の入り口として開発コンサルタントを選びました。

>

国際開発コンサルタントとはどんな職業で、目指すためには何が必要か

以上のように、技術協力と有償資金協力のPDCAサイクルで異なる部分は、おおむね「実施」のところのみとなります。 またこの過程にJICAと開発コンサルはどう関わっているのでしょうか。 ハード系は規模も大きいため、扱う金額も大きくなる傾向にあるのでこの上位1,2位の結果は頷けます。 新卒採用を行っている企業もあるのででチェックしてください。 あくまで、事業の予算を出しているのはJICAなので、JICAはその事業が計画どおりに完了するのを見届ける義務が発生しています。

>