ズーム テンポ ネクスト。 [ズームテンポネクスト%編]1,000mTTでシューズ性能を比較してみた! | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

最速のトレーニングシューズ 『ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%』が登場

独自の固定(ロック)と解除(リリース)のシステムで足をしっかりと固定します。 距離走は30kmくらいまでは実際にテンポを履いて走りましたが、問題なく使えます。 というよりも最近はエアズームアルファフライネクスト%などの最上級モデルを初心者でも履く人が増えています。 その中でナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%はアルファフライでレースを走るためのトレーニングシューズです。 アルファフライ(右)と比べてみると、横から見たフォルムは似ています。 ただし靴下は濡れますが、シューズが水で重くなるということはありませんでした。 しかし、走り始めてみるとぐいぐいと前に進む推進力を得られ、想像以上に軽く足が前に運ばれていく。

>

おやじランナーにもおすすめ? 練習から本番レースまで使い倒せる“ナイキの厚底”新モデル

コンセプトはアルファフライのトレーニング用シューズ 「ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%」の特長としては、ヴェイパーシリーズやアルファフライの代名詞でもあるカーボンプレートを使わずに、やや柔らかい合成素材を採用しています。 また、前足部・中足部・後足部の分かれ目が滑らかなため、中足部や後足部で着地しても滑らかに前足部のエアズームポッドに重心を移動できます。 そのバランスが取れていない上に重たいということで、レース用として考えている人は第2世代が出るのを待ったほうがいいのかなとは思います。 速く走ることを第一優先に設計されたアルファフライに、耐久性や脚の保護といった機能を付け加えて完成したのが、テンポ ネクスト%なのだと思う。 アルファフライネクスト%のアッパーは伸縮性に乏しいので破れるというリスクはあるかもですね。 ミッドソール 超厚底なミッドソールは、外側には赤、内側には青のカラーリングが施されています。 僕はにもあるようにナイキ社のシューズが足に合うので気に入って使っているわけですが、2020年9月現在の決戦用最速シューズとしては言わずもがな、大迫選手により日本記録が樹立された「ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト %」が挙げられるでしょう。

>

[ズームテンポネクスト%編]1,000mTTでシューズ性能を比較してみた! | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

キプチョゲが去年の10月にウィーンで非公式ながら2時間の壁を破った際に履いていたのが『アルファフライ ネクスト%』のプロトタイプでした。 私はテンポのようなフライニットのスリッポン系のシューズを履くと、履き口が狭く感じることが多いですが、徐々に履き方のコツを覚えて慣れていくパターンも多いです。 まず目に留まるのが、ミッドソールに搭載されたカラフルな「エア ズーム ポッド」。 ここに悩まされる方、多いのではないでしょうか。 もりぞうです。 まず足を入れてみると、ナイキ フライニットを用いたアッパーは、シュータン部分と一体化されており、シューレースが斜めに配されたこともあり、一般的なスポーツシューズと比較して、踵部分から中足部、前足部にかけての高いフィット感を感じる。 その見た目からすでに"速さ"が伝わってくるが、ナイキの最新テクノロジー全部乗せといっても過言ではないほど、速く走るための機能が満載だ。

>

ナイキ「テンポ ネクスト%」の評価・レビューまとめ|ともらん

シューズの中で靴下がよじれてまめの原因になりかねませんからね。 いまは、暑い日が続きますが、少ない時間でも後半スピードを上げるだけでも練習効果が高まります。 また、かかと部分のアウトソールも設けられているのでシューズとしての耐久性も高められていると感じますね。 まさにネクストステージにいくためのシューズ。 アッパーの耐久性を高くして破れにくくしているのでしょう。

>

ナイキ エアズームテンポネクスト%使用レビュー! | 【シリアスランナー】に送るおすすめのトレーニング・レース・ランニングギア情報

さて、そんな中一つ忘れていたことがありまして、それは、アルファフライネクスト%のレビューです。 疲労が少なく走れることは、一般ランナーにとっては何よりのメリットだ。 通常版とフライイーズ版が選択可能• それでいてペガサスターボよりもスピードを出せるなら、コストと機能のバランスが最も優れた1足ということになります。 ミッドソールのヒール部分にを使用 前足部からミッドソールにかけてはアルファフライ ネクスト%と同じ『ズームXフォーム』が使われているが、かかと部分には衝撃からの保護、耐久性の向上を目的として『リアクトフォーム』が採用された。 ペガサス ターボだとズームXだけでしたが、ある意味テンポは色々な要素がソールに組み合わさって、アルファフライに近い感覚で走れるのはすごくいいと思います。 手に取ると、ぼってりした見た目からは想像できない軽さにも驚きます。 とまたしても思わされた一足だった。

>

【比較レビュー】テンポネクスト%とアルファフライネクスト% のサイズ感・履き心地

かかとから着地してしまうと柔らかいクッションによりエネルギーが横ブレしてしまうため、絶対的にフォアフットが求められるアルファフライと違う点です。 もはや 反則級のスピード力と言っても過言ではありません。 カーボンプレートの劣化により、ヴェイパーフライ4%では走行距離 160kmで寿命を迎えるといいます。 アッパーに半透明なFlyknitと合成素材を使用• もりぞうです。 少しわかりにくくなりましたが、テンポはペガサスターボに代わるランニングシューズだと考えてください。 このエアバッグが推進力にもつながる強い反発力を生んでくれる。 個人的に履いた感じは凄く良いシューズでした。

>

練習用に使える?あの厚底シューズと同じテクノロジーを搭載した「ナイキ エア ズーム テンポ ネクスト%」の実力を検証|@DIME アットダイム

エアズームテンポ ネクスト% サイズ感 この履き口の部分が非常にキツく感じます。 まずはソールですが、定規で測定してくると約4センチ。 そんな過酷な状況ではシューズの通気性が気になる所です。 それからアッパーの伸縮性とフィット感は最高です。 他にも「」に関連する記事がおすすめです! 「ランニングシューズ」の最新記事 今読まれている記事 「ともらん」について マラソンブロガーの「とも」が、最新のランニングシューズやガジェット、大会レポートや旅ランについて発信するブログです。 テンポが加わったことで、練習とシューズのバリエーションが広がりました。

>