竹下 文子。 竹下文子

竹下文子・鈴木まもるののりもの絵本(全8巻)

第18話「つかみそこねた夢」(1972年) - 藤滝薫• (2017年) - 浄椿尼• 橋田壽賀子ドラマスペシャル 夫婦(2006年、テレビ朝日) - 伸枝• (1976年、フジテレビ)• 竹下文子さん作・町田尚子さん絵による絵本 『なまえのないねこ』が、4月24日(水)、小峰書店より発売されました。 Season14 第16話「右京の同級生」(2016年2月17日、テレビ朝日) - 小峰律子• (1993年、TBS)• 『祭りの準備』でヌードになったが、「天の花と実」では拒否。 2008年「ジョルジュ」杉並公会堂小ホール(作:斎藤憐 演出:佐藤信)• (日本テレビ)• 第467話「瓦版騒動記」(1975年) - お吉(お艶)• 京都茶道家元にかくされた女たちの愛と涙の秘密(1988年、テレビ朝日)• そのため申し訳ありませんが、作家様・出版社様等、その作品と直接な利害関係にある方からの本の寄贈はお断りさせていただいております。 はい、おそらくそれ、合っています。 より引用 初見さんは福岡県在住のイラストレーターさんです。 東京学芸大学卒業。 (2000年、NHK)• 主な作品に『ちいさなおはなしやさんのおはなし』、『スプーン王子のぼうけん』、『ピン・ポン・バス』など多数。

>

楽天ブックス: みんなで!いえをたてる

10 のち青い鳥文庫、講談社文庫• (NTV)• 秋のロマンスペシャル 「パリ物語」(1984年、テレビ朝日)• (1975年) - お妙• (1979年)- 大川美穂子• 心がほぐれる束の間のファンタジー。 (1978年、TBS)• (1978年、TBS)• 第22話「転落・ある少女の場合」(1974年、東京12チャンネル・東宝)- 山口マリ子• 『なまえのないねこ』は、商店街で暮らす1匹の野良猫が主人公。 (2016年)- 村山トミ子• (2015年1月17日、) - 武内真弓• 主人公は、ただの「ねこ」。 BS日曜ドラマ 「大往生」(1996年、)• (1994年) - 桜井初音• (1972年、NHK)• かなちゃんがいっぱい 教育画劇 1999. 11 スピカのおはなしえほん• (2001年 - 、テレビ東京) - 司会• 第4話「わしは天下の大泥棒 -八代-」(1975年4月21日) - お夕• 「奇想天外万事良」東京厚生年金会館ホール(脚本:有高扶桑 演出:本間忠良)• (2015年) - 謙一郎の母• ナンバーに7のついた黄色いタクシーで行けるというけれど、 その町がどこにあるか運転手も知らない。 ただ、不思議と映画主演に縁がなく、『雨のめぐり逢い』『ブルークリスマス』『飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ』などはいずれも共同主役だがクレジットトップではない。 ジャンニしまへいく ソフィー・ファトス 学習研究社 2001• (1997年) -• 「最終回スペシャル」(2012年3月16日、)- 植田校長• ぼくのベッドはおつきさま 教育画劇 1997. シリーズ人間模様 「妻たちの二・二六事件」(1976年、NHK)• (2006年、テレビ朝日) - 辻口陽子(老年期)• (1973年、) - 宇野かおる• 大学在学中より執筆を行う。

>

竹下文子文、町田尚子絵『なまえのないねこ』

(2009年、フジテレビ) - 磯野 石田 フネ• 「蜜の香りは苦く」(1984年、日本テレビ)• 一般的な評価は、他の書評サイトをご覧ください。 新春ドラマ特別企画 宮尾登美子「松風の家」名門! 犬も混じってたり 本文をめくっていけば、名前のある猫たちを羨ましそうに近くから、遠くから見つめる名前のない猫の姿が…どんどん切なくなる中、最後の方でベンチの下から覗き込んできた人間を見上げながら彼 彼女? が気づくその表情と気づきがもうたまらない 泣 暖かい気持ちで物語を読み終えて奥付を更にめくると…そこにもまたニクイ仕掛けが。 」 竹下文子のおすすめランキングのアイテム一覧 竹下文子のおすすめ作品のランキングです。 用意されたのは、アイドル用のプログラムピクチャーではなく、監督と脚本の両鬼才初顔合わせに以下のオールスターを並べたSF大作『』の主演だった。 「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で路傍の石幼少年文学賞を受賞 鈴木まもる(スズキマモル) 1952年、東京都に生まれる。 TBS特別企画「熱い嵐」(1979年、TBS)• 1977年『』『』などに出演。 風のゆうびんやさん あかね書房 2001. (フジテレビ)• 風町通信 その町へ行くのに特別な切符や旅券はいらない。

>

竹下 文子

第1760回「パスポート」(1990年、TBS)• 2005年からの親善大使を務める。 (共演:・)• そのエピソードの一つ一つは、驚くほど劇的な展開があるワケではありませんし、 現実で暮らす私達の生活とかなり似たような感じです。 11 脚注 [編集 ]• 猫好きな人、動物好きな人へおすすめの本たちです。 第110話「父と呼ばれて十五年」(1976年、日本テレビ)• 『』への連続出演などを経て、監督のもとで、ようやく身近な世界で優しく可憐な持ち味を発揮する。 エピソードドラマ 「漱石には千円札がよく似合う」(1984年、NHK)• (1973年、)• 会場では『なまえのないねこ』の全原画が展示されるほか、描き下ろし作品の展示販売、絵本に登場する猫たちにちなんだコラボグッズ、お菓子やコーヒー豆などの販売が行なわれる予定です。 (2000年、NHK) - 友子• (1978年、日本テレビ)• ちいさいときは ただの「こねこ」だった。

>

せんろはつづく まだつづく|作:竹下文子|絵:鈴木まもる|金の星社【絵本レビュー】【乗り物の絵本】│にじいろランド note園

(1979年 - 1980年、テレビ朝日) - 朝比奈雪• (1975年、NETテレビ)• と言うのも、一つの一つのエピソードはかなり短いんです。 『黒ねこサンゴロウ旅のはじまり』『黒ねこサンゴロウキララの海へ』で受賞。 テレビ東京開局35周年記念番組 「角筈にて-鉄道員より」(1999年、テレビ東京)• 1978年 - 新人賞• 2012年「欺瞞と戯言」本多劇場 他(作・演出:)• 竹下文子・鈴木まもるのコンビののりもの絵本をセットにしました。 サザエさん2(2010年)• 第16話「娘のいのり」(1976年、日本テレビ・東映) - おみよ• 4 黒ねこサンゴロウ旅のつづき3 金の波銀の風 偕成社 1996. そう思うのだけれど、子どもの感じ方って不思議。 (2009年11月29日 - 、NHK)- 秋山貞• 第392話「泥に咲いたまごころ」(1973年) - お春• 第15話「八木節に娘心が踊った」(1973年、12ch・)• 1994年『黒ねこサンゴロウ旅のはじまり』『黒ねこサンゴロウキララの海へ』で路傍の石幼少年文学賞受賞。 それでもいろんな読み聞かせに挑戦していかなければいけない。

>

『なまえのないねこ』(竹下文子)の感想(72レビュー)

1994年『黒ねこサンゴロウ旅のはじまり』『黒ねこサンゴロウキララの海へ』で路傍の石幼少年文学賞受賞。 女房は超能力 銭無平次捕物異聞(1987年、NHK)• 8cmの大型絵本です。 『むぎわらぼうし』で受賞。 (1975年、日本テレビ・三船プロ)• 愛そして告白/たまには一人で(1979年)• 「」(1983年) - 主演:芦名麻佐子• (1987年 - 1991年、TBS) - ナレーター• 1983年「化粧」東京宝塚劇場 原作:• ドラマ人間模様 「花笑み」(1979年、NHK)• 3 黒ねこサンゴロウ旅のつづき ; 2 ほのおをこえて 偕成社, 1996. 主な作品に『ピン・ポン・バス』『がんばれ! パトカー』(偕成社)、『クッキーのおうさま』(あかね書房)、『ドルフィン・エクスプレス』シリーズ(岩崎書店)、『おすしのせかいりょこう』「おてつだいねこ」シリーズ(金の星社)、『クリスマスのかね』(教育画劇)、『ひらけ! なんきんまめ』『アリクイにおまかせ』(小峰書店)などがある。 ドラマSP 「せつない春」(1995年、)• 12 黒ねこサンゴロウ ; 5 ケンとミリ 偕成社, 1996. 受賞 [ ]• 夫は画家の鈴木まもる。 表紙にはこちらをじっと見上げるキジトラ模様のネコ。

>