テケテケ 映画。 ホラー映画「テケテケ」2作品をまとめてレビュー

テケテケ (映画)

テケテケの結末 赤いものが襲われる原因ではないかと気づいた可奈たちは身につけている赤いものを全て捨ててしまう。 蛍雪次朗 - 教授 役• 螢雪次朗• 1の時は何も知らん言われてた爺さんが再登場、カシマレイコのこと全部知ってた。 冒頭で「テケテケとは、数十年前に強姦されたことを苦に自殺したカシマレイコという女性の怨念」という説明があるんですけど、今回のカシマさんは、何をどう間違ったのか女子高生ばっかり殺すんです。 天野沙織里• それでは早速、1と2の2作品をまとめてレビューしていきたいと思います。 追いかけられるタイプの恐怖アリ、テケテケの正体を調べるちょっとした謎解き要素アリと、70分の間にきれいにまとまっていました。 残された可奈は突然の風に驚きます。

>

映画『テケテケ2』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

可奈がテケテケと遭遇したのは、2日前だった。 そして再び彼は、テケテケになった鹿島玲子について事件の真相を探っていく。 テケテケは線路や踏切の近くに出現するという。 - 可奈の母親 役• - 関口綾花 役• そこには下半身の無い女のバケモノがいて、彼女は必死で逃げ出します。 安藤成子• 松嶋初音• 最近起きてる連続殺人事件もテケテケの仕業ではないかと思っていた。 ただ菜月だけは、今までどおり親しく接していた。 何といってもこの映画、 設定がとってもクールなんですよ。

>

テケテケの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

岩田さゆり• 編集:• 圭太はただ見守るしかありませんでした。 録音:• 謝ろうと道を戻る彩花だったが、何者かが彩花に襲いかかろうとしていた。 はぐれた理絵の安否を確認しかけよるが、理絵が木で頭を切ってしまい額から血が流れる。 謝ろうと道を戻る彩花だったが、何者かが彩花に襲いかかろうとしていた。 二人の仲には溝ができ絵梨花の取り巻きと玲子が会っているのを目撃する菜月。 照明:森川浩明• 一慶= 内海慶太(1)可奈の同級生その2。

>

テケテケの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

それだけにストーリー展開は最早『1』をも凌ぐ都合の良さ。 その時背後でテケテケと言う音を聞きますが、一旦はやり過ごしたものの、背後から綾花の声で呼ばれ、思わず振り向いてしまいます。 テケテケを見た菜月は被害者である可奈にお線香を上げにいく。 『テケテケ』 [ ] あらすじ [ ] 高校生の大橋可奈は友人の綾花から同じ中学出身の圭太と付き合えるようセッティングを頼まれる。 付きまとう足音に怯えた彼女は、人気のない高架下のトンネルで走り出し、コンクリート柱の裏に隠れます。

>

テケテケ2 : 作品情報

プロデューサー:佐藤嘉一・小貫英樹• 水木薫• 森絹江• 制作協力:• すると、テケテケは去っていった。 美術:高木理己• バケモノは凄まじい速さで近づき、綾花を赤いリュックごと切断します。 佐藤丈太• 水木薫• 北岡亜弓• ホラー映画「テケテケ」2作品をまとめてレビュー 「すれ違いざまに真っ二つ」そんな無敵の女幽霊・テケテケから逃げまどう女子高生の運命やいかに? テケテケとは、「 手をよこせと言われたら、今使ってますと答える」「 カは火事、シは死、マは魔、レイは霊、コは事故の故」などの都市伝説で知られる女性の幽霊・カシマさんを元ネタにしたB級ホラー映画です。 その後、可奈は、綾花とのケンカを悔いながらあの日彼女が辿った道を通り、日が傾く頃、線路の歩道橋の事件現場に花を手向け、冥福を祈ります。 美術:高木理己• 結構苦笑モノながら、この様な突っ込みどころ満載なバカバカしさが、大きな声では言えないが楽しかったりする。 その瞬間テケテケが理絵めがけて飛びかかる。 そして玲子ににらまれた者が、上半身と下半身が切断された死体となって発見された…。

>

テケテケの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

行くと圭太と入れ替わりで、昨日の綾花の様子を聞かれますが、ケンカしたことは言えませんでした。 企画:加藤東司• そんな二人の元に玲子が近づいてくるが、テケテケに近づきすぎた玲子も殺されてしまう。 そこで助手の男とばったり出会う。 通学途中に可奈の事件現場を通った菜月と玲子はその話題で盛り上がる。 山本彩乃• 菜月はテケテケに効くおまじないを大声で唱える。

>

映画『テケテケ2』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

テケテケの被害者の苗字に「沼崎」という字の一部が含まれていることに気づいた。 沼崎というのは鹿島玲子を襲った犯人たちの苗字だった。 大橋可奈のクラスメイト、関口綾花が下半身のない死体で発見された。 ナカシマレイコが文化祭のことで刀根エリカ(松嶋初音)を注意したことからイジメにあうようになる。 ひょっとしたら間違ったのではなく、「ホラー映画といえば、殺されるのは若い女の子だよね。

>