労働 基準 法 第 89 条。 就業規則の作成と届出-なるほど労働基準法

労働基準法|条文|法令リード

始業及び終業の時刻については、についても定めなければならない(昭和23年12月25日基収4281号)。 を定めることができる。 「標準家族」の範囲は、その時その社会の一般通念によって理解されるべきものである(昭和22年9月13日発基17号、昭和22年11月27日基発401号)。 転勤や配置転換、出向を命ずる場合の根拠規定や、諸経費に関する一般的規定を設ける場合などが、「全労働者に適用される定め」に該当する。 第百十九条 次の各号の一に該当する者は、これを六箇月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。 さらに年少者のうち、満15歳に達した日以後の最初の3月31日までの間の者を といい、さらに特別の保護を求めている。

>

就業規則の作成と届出-なるほど労働基準法

約款説 就業規則はそれ自体では法規範ではなく、労働者との労働契約の内容に取り込まれることによってのみ両当事者を拘束する(就業規則を労働契約のひな型と見る)。 3 新法第56条第2項に規定する職業のうち、満12歳の児童の就労実態、当該児童の就労に係る事業の社会的必要性及び当該事業の代替要員の確保の困難性を考慮して厚生労働省令で定める職業については、厚生労働省令で定める日までに行政官庁の許可を受けたときは、満12歳の児童をその者が満13歳に達するまでの間、その者の修学時間外に使用することができる。 第83条(補償を受ける権利) 補償を受ける権利は、 労働者の退職によって変更されることはない。 「法律に基づいて許される場合」とは、及びの規定に基づく場合である。 、地方労働局長、都道府県労働基準局長及び労働基準監督署長は、労働基準監督官をもつてこれに充てる。 労使協定はあくまで 法の定める罰則からの免罰効果しかなく(昭和63年1月1日基発1号)、労働者への指揮命令の根拠は就業規則等にあり、それへの記載によって有効となる。 帰郷旅費 第六十四条 満十八才に満たない者が解雇の日から十四日以内に帰郷する場合においては、使用者は、必要な旅費を負担しなければならない。

>

就業規則の作成と届出-なるほど労働基準法

、労働者の募集、労働者供給事業等、労働関係の開始に介在する場合と、募集人、等労働関係の存続に介在する場合とを問わない(昭和23年3月2日基発381号)。 同一場所にあるものは原則として分割することなく一個の事業として適用され、場所的に分散しているものは原則として別個の事業として適用される。 ただし、第1項から第3項までの規定による有給休暇を当該有給休暇に係る基準日より前の日から与えることとしたときは、厚生労働省令で定めるところにより、労働者ごとにその時季を定めることにより与えなければならない。 労働者及び使用者が労働契約を締結する場合において、 使用者が合理的な労働条件が定められている就業規則を労働者に周知させていた場合には、労働契約の内容は、その就業規則で定める労働条件によるものとなる(第7条)。 さらに、労働基準監督機関(、、、等)の設置を定め、当該機関に(企業、事務所)やに対する、使用者等に対する、等の権限を付与することで、行政監督による履行確保を図るほか、労働基準監督官にを付与して行政監督から犯罪捜査までを通じた一元的な労働基準監督行政を可能にしている(第11章その他)。

>

労働基準法や労働安全衛生法における「常時使用する労働者」とは? | 元労働基準監督官社労士Blog

)が違反の防止に必要な措置をした場合においては、この限りでない。 第十一章 監督機関 監督組織 第九十七条 この法律を施行するために、労働に関する主務省に労働基準主管局 労働に関する主務省の内部部局である局で労働条件及び労働者の保護に関する事務を所掌するものをいう。 第三章 賃金 賃金の支払 第二十四条 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。 )の経過措置に関する規定に定めるものを除き、この法律の施行の日以後における改正後のそれぞれの法律の適用については、改正後のそれぞれの法律の相当規定によりされた処分等の行為又は申請等の行為とみなす。 労働者は、自分の職場に労働基準法違反の事実があるときは、それを労働基準監督機関に申告(監督機関の行政上の権限の発動を促すこと)することができ、労働基準監督機関は必要に応じて違反を是正させるため行政上の権限を行使する。 業務上の負傷、疾病又は死亡の認定、療養の方法、補償金額の決定その他補償の実施に関して異議のある者は、行政官庁に対して、審査又は事件の仲裁を申し立てることができる。

>

就業規則の作成と届出-なるほど労働基準法

) 三の二 退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項 四 臨時の賃金等(退職手当を除く。 )に係る第36条第1項の協定で定める労働時間の延長の限度についての基準は、当該特定労働者以外の者に係る同項の協定で定める労働時間の延長の限度についての基準とは別に、これより短いものとして定めるものとする。 3項 第1項によって審査、仲裁の申し立てがあった事件、または、行政官庁が職権で、審査若しくは仲裁をはじめた事件について、民事訴訟が提起されたときは行政官庁は、審査、仲裁をしません。 」 労働基準法第90条1項では就業規則の作成・変更について過半数労働者の代表から意見を聴くことを義務付けています。 の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項 三 退職に関する事項 三の二 退職手当の定めをする場合においては、適用される労働者の範囲、退職手当の決定、計算及び支払の方法並びに退職手当の支払の時期に関する事項 四 臨時の賃金等 退職手当を除く。 相対的必要記載事項 その制度を置く場合は就業規則に必ず記載しなければならない事項として第89条に列挙されたものは、以下のとおりである。 実際には採用に際し、労働者は就業規則に対し明確に反対の意思を表示するはずはなく(すれば採用されない)、就業規則は新入社員によって一括受け入れされて拘束力を取得する。

>

労働基準法や労働安全衛生法における「常時使用する労働者」とは? | 元労働基準監督官社労士Blog

労働者に食費、作業用品その他の負担をさせる定めをする場合においては、これに関する事項• 使用者が安全又は衛生に関する基準に違反してる場合は原則として認定をしないこと。 賠償予定の禁止 第十六条 使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。 「の妻」は「同居の親族」に含めない(昭和24年2月5日基収409号、平成11年3月31日基発168号)。 単純に労働者の申告を信用して満18歳未満の者の年齢証明書を備え付けなかった場合は本条違反となる。 制裁規定の制限 [ ] 第91条 (制裁規定の制限) 就業規則で、労働者に対しての制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額がの1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。 第2条は違反者に対する罰則が定められてなく、訓示的規定と解される。 労働者及び使用者は、、及びを遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければならない。

>