石塚 晴子。 石塚晴子とは

陸上競技で活躍している東大阪大敬愛の石塚晴子さんのような一日で...

2年時までは合宿参加メンバーからも外れていたが、3年時の2012年にはの200mで準決勝に進出するまで成長し、自己ベストも200mは2012年中学ランク41位の25秒66、400mは同ランク8位の59秒56まで更新した。 そしてもう一つ、回復に治療を要するほどのハラスメントを受けた過去があります。 , 357 2016年07月22日閲覧• ) 跳躍 Perer Hannan (Sports Credentials Pty Ltd. 本当に大事なことが見失われていては、スポーツの結果も価値も下がる一方だと思っています。 逆足でのハードリングを習得することによってこれを1歩ずつ刻みで可能にし、急激な速度低下を防ぐのが狙いである。 中学3年時に東大阪大敬愛高校へ練習に行った際、当時東大阪大学の学生だったやらがその走りを見て「絶対に世界に行ける 」「私たちより絶対強くなる」と、その能力を絶賛した。 解決されるべき点がたくさんある一方で、選手自身が自分の健康や幸せを見失わずにいることも、身を守ることにつながっていくかもしれません。

>

石塚晴子の出身高校や中学は?身長や体重などプロフィールを調査!

選手は指導者の言う事を聞くのが「当たり前」 指導者は選手が言う事を聞くのが「当たり前」 これが根本で皆が当たり前だと思っている気がします。 脚注 [編集 ] 2016年7月22日閲覧。 今回は「きっかけ」の部分に触れさせていただきました。 7 2016年5月5日 53秒22 2016年5月13日 2分06秒98 2015年5月3日 4分35秒54 2015年4月26日 56秒75 2016年5月8日 主要大会成績 [編集 ] 備考欄の記録は当時のもの 国際大会 [編集 ] 年 大会 場所 種目 結果 記録 備考 2015 高3 400m 7位 54秒64 2位 1分56秒55 2走 男女混合リレー オープン種目 2016 大1 () 400m 3位 55秒40 400mH 優勝 57秒91 400m 予選 55秒20 400mH 準決勝 58秒55 2017 大1 ニトロアスレチックス 2x300mR 5位 75秒29 1走 男女混合リレー 4x400mR 3位 3分24秒53 2走 男女混合リレー メドレーR 5位 4分49秒38 1走 男女混合リレー 日本選手権 [編集 ] はの成績 年 大会 場所 種目 結果 記録 備考 2013 高1 4x400mR 予選 3分48秒91 2走 2014 高2 400m 8位 56秒21 4x100mR 7位 46秒76 3走 4x400mR 優勝 3分39秒24 2走 2015 高3 400m 3位 53秒44 自己ベスト 800m 決勝 DNS 予選2分08秒39 400mH 7位 59秒74 4x100mR 予選 46秒68 4走 4x400mR 優勝 3分39秒55 3走 2016 大1 400m 4位 54秒67 400mH 3位 57秒88 4x400mR 予選 3分48秒30 2走 2017 400mH 予選 1分01秒07 その他 [編集 ] 年 大会 場所 種目 結果 記録 備考 2012 中3 200m 準決勝 26秒21 -1. 天気が悪かったことなどから予選よりもタイムを落として59秒74の7位に終わったが、第90回大会の定常銘美以来9年ぶりとなる同種目高校生入賞を果たした。 中学時代は走るということに対して、全く自信がなかったみたいやけど、陸上部に入部してみるみるうちにレベルアップしていき、今では陸上女子日本代表選手やからなー! 日本代表になるくらいの選手って、幼い頃から実力が突出しているってパターン多いけど、石塚選手はそういうタイプじゃないからなー! もしかしたら、秘めた爆発的な才能はあったけど、それが開花していなかっただけかもしれんけどね。 , 357 2016年07月22日閲覧• 選手兼指導者をしている者です。 市川は52秒5、石塚は53秒4をマーク) 、6年前の新宮美歩と同じく補欠として出番なしに終わった。

>

第1回「きっかけ」|Haruko Ishizuka|note

今回は「きっかけ」の部分に触れさせていただきました。 何かが間違っている、でもその何かがわからない、だからといってどうすればいいのかがわからない…色んな選手とお話していると、そんな風に感じている選手がとても多かったです。 2016年4月4日閲覧。 僕の住んでいるところは、田舎で住民が少ないってこともあって、保育園と小学校の運動会が午前中に、区民運動会が午後からと、1日で子供から大人まで全てを済ませてしまおうという、中々欲張りな(分けて開催するほど人がいない)運動会です。 「和歌山インターハイ特集 地区大会REPORT」『』第65巻第13号、、2015年8月号、 50-51頁。 東大阪大敬愛高校の選手としてはの新宮美歩以来6年ぶりとなる同種目優勝を果たした。

>

石塚晴子

指導者の目線でものを言えない私にできることは、選手の目線で、自分のこれまでの経験や知識を活かすことだけです。 トップレベルの選手のハードル間歩数は男子で13歩~15歩、女子で15~17歩前後である。 こんにちは。 やはり、一番大きな問題は選手と指導者との上下関係だと思います。 2016年 [ ] 3月には東大阪大敬愛高校のアンカーを務めたとで活躍。 私は現場で指導する側の大人ではなく、まず私達選手がどのようなスタンスを持って自分の人生を生き、競技に向き合うのかどうかだと考えました。

>

第1回「きっかけ」|Haruko Ishizuka|note

そうですね。 「結果を出したい」というモチベーションの一方で、「結果が出るとはどういうことか」「自分はどうなりたいのか」という部分がはっきりしていなかったのだと続きます。 「日本選手権 デイリーハイライト 第2日」『』第49巻第9号、、2015年8月号、 65頁。 高校生時代 [編集 ] 2013年 [編集 ] 4月にに進学。 なら・北和 陸上競技記録会 , 4. あることをきっかけに、競技人生を考え直し、大学の部活を辞める決断をします。 400mハードルの自己ベストは日本歴代7位であり、U-20日本記録の56秒75、400mの自己ベストは日本学生歴代3位の53秒22。

>

陸上競技で活躍している東大阪大敬愛の石塚晴子さんのような一日で...

2016年6月18日閲覧。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 なら・北和 陸上競技記録会 , 4. 762m 女子400mHの高さ である。 。 答えはまだ全部わからないけど、競技に関係なく、みんなの根元に流れる考え方の部分が、今起こっている色んな問題に繋がっているように感じました。 陸上競技をしております。

>

石塚晴子

5 1位 2016年7月 U20世界陸上競技選手権(ポーランド・ビドゴシチ) 田中佑美(関西大学第一高等学校)100mH 予選 13秒62 準決勝 13秒46 (全体9番目の記録で惜しくも決勝進出ならず) 藤田渓太郎 (立命館大学) 走高跳 予選 2m09 石塚 晴子 (東大阪大学) 400m 予選 55秒20 400mH 予選 58秒66 準決勝 58秒55 郡 菜々佳 (九州共立大学) 砲丸投 予選 14m63 円盤投 予選 45m46 2016年7月 2016年度指定競技者15名決定 多田 修平(関西学院大学) 100m 藤田 渓太郎(立命館大学) 走高跳 大森 菜月(立命館大学) 5000m 松田 瑞生(ダイハツ工業) 10000m 前田 彩里(ダイハツ工業) マラソン 田中 佑美(関西大学第一高等学校) 100mH 石塚 晴子(東大阪大学) 400m・400mH 王子田 萌(立命館大学) 400mH 渡邉 有希(ミライトテクノロジーズ) 走高跳 津田 シェリアイ(東大阪大学) 走高跳 山下 友佳(立命館大学) 走幅跳 郡 菜々佳(九州共立大学) 砲丸投・円盤投 宮下 梨沙(薫英女学院高校教員) やり投 佐藤 友佳(意岐部東小学校職員) やり投 瀧川 寛子(東大阪大学) やり投 2016年6月 第100回日本陸上競技選手権大会指定競技者16名派遣 2016年5月 セイコーゴールデングランプリ川﨑大会指定競技者派遣 2016年4月 日本グランプリシリーズ (兵庫リレーカーニバル・織田幹雄記念陸上・静岡国際陸上)指定競技者派遣 2016年4月 発行 2016年3月 第2回パフォーマンスチェックを鹿屋体育大学で実施 2016年3月 春季海外合宿(オーストラリア)実施 2016年2月 スポーツメンタルトレーニング研修会実施 2016年2月 第3回ナショナルトレセン合同練習会実施 2016年1月 冬季強化合宿(沖縄県くいなエコ・スポレク公園 国頭陸上競技場)実施 2016年1月 発行 2015年12月 第1回パフォーマンスチェックを鹿屋体育大学で実施 2015年11月 第1回コントロールチェック・バランスチェック実施 2015年11月 サイトを立ち上げました。 空になっていた箱の中身が入った気がしました」 陸上選手の石塚晴子さん 出典: 石塚晴子さん提供 石塚さんはそれから練習に復帰しました。 【ツイート】 ・指導者に求めるのは教育ではない事 ・指導者の機嫌を取る為に判断しない事 ・競技は自分の人生の一部であって全てでは無いという事 ・心と体の反応を無視しない事 ・選手の不安を煽って頑張らせようとする指導者は能力が無いという事 ・必要な我慢はあっても我慢自体に意味は無いという事 この投稿をする前にまず頭をよぎったのが、 「怪我して今大した結果が残せてない私が言っても、説得力が無いんじゃないか?」という事でした。 外部リンク [編集 ]• 足は速くなく、運動会の学級対抗リレーでは控えばかりだったという。 7 2016年5月5日 53秒22 2016年5月13日 2分06秒98 2015年5月3日 4分35秒54 2015年4月26日 56秒75 2016年5月8日 主要大会成績 [ ] 備考欄の記録は当時のもの 国際大会 [ ] 年 大会 場所 種目 結果 記録 備考 2015 高3 400m 7位 54秒64 2位 1分56秒55 2走 男女混合リレー オープン種目 2016 大1 400m 3位 55秒40 400mH 優勝 57秒91 400m 予選 55秒20 400mH 準決勝 58秒55 2017 大1 ニトロアスレチックス 2x300mR 5位 75秒29 1走 男女混合リレー 4x400mR 3位 3分24秒53 2走 男女混合リレー メドレーR 5位 4分49秒38 1走 男女混合リレー 日本選手権 [ ] はの成績 年 大会 場所 種目 結果 記録 備考 2013 高1 4x400mR 予選 3分48秒91 2走 2014 高2 400m 8位 56秒21 4x100mR 7位 46秒76 3走 4x400mR 優勝 3分39秒24 2走 2015 高3 400m 3位 53秒44 自己ベスト 800m 決勝 DNS 予選2分08秒39 400mH 7位 59秒74 4x100mR 予選 46秒68 4走 4x400mR 優勝 3分39秒55 3走 2016 大1 400m 4位 54秒67 400mH 3位 57秒88 4x400mR 予選 3分48秒30 2走 2017 400mH 予選 1分01秒07 その他 [ ] 年 大会 場所 種目 結果 記録 備考 2012 中3 200m 準決勝 26秒21 -1. 石塚さんは「この目的の箱に、『インターハイ優勝』というものすごく強い原動力が入っていた時期もありました」と語ります。 アジアジュニア選手権の約1週間後には日本学生個人選手権の400mハードルに出場すると、11日の準決勝で58秒40、翌日の決勝は58秒66と、両ラウンドで今大会唯一の58秒台をマークして優勝し、大学の全国タイトルを初めて獲得した。

>

石塚晴子

でも、タイムや試合結果ばかりを優先して、それでしか測れなくなるのは危険だとも思うんです。 また、指導者は選手を指導し、競技力を向上させ、結果を出させる。 3日目は再び4レースを走ることになったが、3レース目の400mハードル決勝を日本歴代10位・ジュニア日本新(ともに当時)・高校新・大会新記録の57秒09で制して2冠を達成すると、その約30分後には800m準決勝を走り組1着で決勝進出を決めた。 最終日は800mと400mハードルの決勝2種目だったが、レースの間隔が25分しかなかったため、800mは棄権して高校記録に近い400mハードルに専念した。 このこども学コースというのが、同じ敷地内にある、現在在学中の「東大阪大学」にそのまま進学できるということで、現在は「東大阪大学こども学部こども学科)にて大学生活と陸上選手として生活を送っている。

>