球磨 川 ダム。 熊本県球磨川反乱。民主党政権時代に川辺川ダム建設中止。治水の難しさ。

球磨川治水対策協議会・ダムによらない治水を検討する場 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所

現在、本体着工に向けた調査・工事は実施されていない。 「ダムによらない治水」という選択肢 とはいえ、「ダムによらない治水」を実行に移すのは簡単ではない。 球磨川の全長は115kmですが、当然、人けのエリアのかさ上げは不要。 ダム建設や河川改修は何十年もかかる。 川辺川はの漁場としても名高く、などと並んで「 」とも称されている。

>

川辺川ダム 賛成29% 反対34% 豪雨被害の球磨川流域住民 建設に慎重論

その後、08年4月に就任した蒲島郁夫知事が「撤去費用が存続費用を上回る」と存続に方針転換。 地元熊本県内でのダムに対する疑問も、この時期起こり始めた。 昨年、関東の荒川や利根川でも反乱の危機があり一部で決壊はしたものの、辛うじて大災害は免れた。 同時期相良村との補償交渉も合意に至り、住民との補償交渉は18年目にして全て終了した。 建設中に地元で進められていたダム本体以外の生活再建事業は、多目的ダム法や水特措法、河川法の下に進められているが、ダム計画中止によって現在進捗中のインフラ整備等の典拠となる法がなくなるため、ハード・ソフト両面での事業進捗の遅延が懸念されていた。 バブル崩壊後に公共事業見直しが騒がれる中、長野県の田中康夫知事が誕生し、「脱ダム宣言」を表明し、公共事業、特にダム事業に対する反対運動が盛んとなった。 そして、忘れる。

>

球磨川の荒瀬ダム撤去完了 国内初、清流生かし自然再生へ

蒲島郁夫知事はいまだに『ダムによらない治水』をと発言しています。 計画廃止の法的手続きは取られていないため、建設をめぐる議論が再燃する可能性もある。 蒲島郁夫県知事の責任を問うのは幸山政史・前熊本市長だ。 だが(昭和38年)から(昭和40年)に掛けて三年連続で球磨川は過去最悪のに見舞われ、特に1965年の「 昭和40年7月梅雨前線豪雨」では人吉市や八代市萩原で最大毎秒7,000 というかつてない洪水が襲い、流域は大きな被害を受けた。 この球磨川水系の河川整備基本方針では、豪雨発生時の人吉の最大水量は毎秒7000㎥に達すると想定されていた一方で、毎秒4000㎥を超えると洪水被害が発生するとも推計されてきました。

>

蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

なお、河川整備計画が策定されない中でも、国及び県は球磨川・川辺川で河道掘削・護岸補強など局所的な防災対策を継続して実施していた。 2005年農林水産省は水源を求める案として従来の「川辺川ダム案」と相良村にを建設してこれを水源とする「 相良穴藤堰案」を呈示。 賛成意見のうち「必要」は46人、「やや必要」は41人。 いずれは大規模水害が発生することが予想できたはずでは… 世間の声は非常に厳しいものだった 2008年の熊本県知事選では、5人の候補のうち4人がダム反対の中、中立の蒲島知事が当選されたとか。 またを中心に40箇所以上でダムが建設されているとしてアメリカの事情を説明した。

>

球磨川治水対策協議会・ダムによらない治水を検討する場 国土交通省 九州地方整備局 八代河川国道事務所

これは水没戸数30戸以上または水没農地面積30ヘクタール以上のダムに対して、道路、電気・ガス、上下水道などのや砂防・公園施設などの周辺整備及び補償額を国庫より補助するというものである。 住家被害が多い人吉市や八代市、球磨村を含む6市町村が優先するのは「住まい確保」だ。 工事関係者や地元住民らに感謝状を贈った。 川辺川ダムがあったとしても、そんなスーパー大洪水を防げたはずがない。 この発表は、直後の世論調査で県民の85%が支持した [ ]。 それでも、ダム撤去で球磨川の流れがよみがえりつつある地域の魅力に引かれ、街おこしに取り組む若者たちがいる。 。

>

熊本県球磨川反乱。民主党政権時代に川辺川ダム建設中止。治水の難しさ。

今、県および国がなすべきことは、川辺川ダム建設を含めた洪水の検証を速やかに実施し、早急に結論を出すことである。 熊本市内で生まれ育った土山さんも子どものころに遊びに来ていた。 73トンであるので、この豪雨では通常の約85倍という水量が押し寄せたことになる。 12箇所のうち、水害の危険性が極めて高い「Aランク」が1箇所、堤防の高さは想定水位を上回っているものの十分な余裕がない「Bランク」が6箇所、堤防に壊れた跡などがみられる「要注意」が5箇所で、堤防の整備率は昨年3月現在、76%にとどまっていた。 この計画に建設省が加わったことで事業主体からは外れたが、電気事業者として参画し、相良発電所の建設に携わった [ ]。

>