新 日本 海 新聞。 日本海新聞

海天国際HD、射出成形機で新会社−ニイガタマシンと日本に設立

『鳥取県大百科事典』772頁• 当初は4月に計画の認定を受け、21年春の開業に向け整備を進める予定だったが、の感染拡大で認定前に必要な現地調査や協議が進んでおらず、具体的な開業時期は未定としている。 エフエム山陰では必ず「」のスポンサーがつく。 東部本社 - 富安2丁目137番地• 番組表 [ ] 鳥取県版 [ ]• このままでいくと、本当に紙の新聞が消滅することになりかねない状況なのだ。 東伯支局 - 鳥取県逢東500-1 東伯ビル2F• しかし、僅か半年後に閉鎖・廃刊している。 広島支局 - 2-1-7 フローラル大手町2F 通信部• 1939年(昭和14年)10月『新報』『時報』『山日』の3紙が合同して『 日本海新聞』となった。

>

「デジタル時代に合わせ『東海』の表記拡散を」 IHOの「日本海」表記めぐり韓国外務省

購読料金 [ ] 現在の料金になる前の購読料金(1部即売80円、1か月月極1995円)は朝刊を発行する全国の主要紙の中で最も安く、そのことは「日本一安い新聞」として販促活動を始め様々な場面でアピールの材料に使われていた。 は4ページ建てとなっており、「地域総合」と、「ワイド鳥取」(鳥取県向け)、または「但馬広域版」(但馬向け)が見開き2ページづつ掲載されている。 参考記事:(同日の大阪日日、日本海両新聞朝刊1面にも掲載された)• 1883年(16年)6月28日 - 「日本海新聞」の源流となる「 山陰隔日新報」創刊。 但馬版 [ ]• なお、大阪日日新聞についても1部即売100円、1か月月極2,050円に値上げしている。 またラジオ番組はNHK第1・第2・FM、BSS、FM山陰、(の周波数は非掲載)、(ワイドFMの周波数は非掲載)、(ワイドFMの周波数は非掲載)、、ニッポン、、、、ラジオNIKKEIを収録している。 との経営統合(後述)後は両紙で一部紙面を共有するほか、日本海新聞主催イベントの記事や鳥取県関連の記事・特集などが大阪日日に掲載されるケースも増えつつある。

>

日本海新聞

2001年(平成13年)の発行部数は約17万部。 『山陰隔日新報』は1885年(明治18年)11月『鳥取新報』と改題。 海天国際は中国での大量生産を背景に、価格競争力に強みがある。 三菱地所は「年間を通じた豊富なイベントを提案したい」とする。 一方で、「総会の決定は『東海』の表記を推進してきた韓国政府のこれまでの立場と完全に一致してはいないが、現実の条件下で韓日両国の立場をバランスをとり反映した合理的な案であると評価している」とも述べた。 なお、の名称は『日本海新聞』であるが、発行元である会社名は新日本海新聞社である。 海天はグループに成形機のほか、工作機械の事業会社がある。

>

新聞部数が一年で222万部減…ついに「本当の危機」がやってきた(磯山 友幸)

鳥取版では掲載されている(232)、などは但馬版では非掲載(放送大学BSラジオは鳥取版・但馬版共に掲載)。 豊岡通信部 - 兵庫県九日町下町24-3 ガーデンブライトA201号 コラム [ ]• すでに新会社を設立しており、ニイガタの柿本雅樹執行役員が社長に就任した。 デジタル版では今後、全ての海が数字で表記される方向だが、報道官は「デジタル分野の先頭国として韓国が新標準の開発に積極的に加わり、『東海』の表記拡散の基盤を拡大していく。 中面の第2テレビ・ラジオ面では、日本海ケーブルネットワークで配信されると、民放系(・・・・・1・2・3・・) を小サイズ。 脚注 [ ] [] 2019年5月18日• 鳥取県を中心として東部や北西部()も主要な配布地域としている。 新聞をとらなくても、ニュースや情報を得るのにはまったく困らない、というのが率直なところに違いない。 ニイガタは、01年に経営破綻した旧新潟鉄工所の工作機械部門が母体。

>

日本海新聞

オーナーであるの娘婿のは2002年に政界入りをする前に、編集局長として記者職在職のまま選挙予定候補として署名記事を書き続けたため、で禁止されている事前活動の疑いがあるとして問題となった。 沿革 [ ] 日本海新聞の源流は1883年(明治16年)6月28日に川端で発行された『山陰隔日新報』である。 外部リンク [ ]• 三菱地所や積水ハウス(大阪市)などのグループの計画概要は、対象区域のうち約29ヘクタールを活用。 にも1907年(明治40年)11月『米城新報』が誕生、1908年(明治41年)4月『』と改題。 2002年(平成14年)11月 - 大阪日日新聞社の社名をザ・プレス大阪に変更。 2000年(平成12年)8月 - が傘下に入る。

>

新日本海新聞社

年間約600台のこれまでの販売に、200台を上乗せする。 日本海新聞のコラムのタイトルは「海潮音」(かいちょうおん)。 の中波局で、全日の番組表を関西以西の地方新聞では唯一掲載。 2008年(平成20年)2月1日、新日本海新聞社を存続会社として大阪日日新聞の発行会社「ザ・プレス大阪」を吸収合併、新日本海新聞社大阪本社とする。 同じく成形機と工作機械が主力のニイガタをグループに加える利点が大きいと判断したようだ。 また、大阪日日の企画による「一日一笑 にちにち川柳」(読者投稿による)は日本海新聞にも大阪日日と同様1面に掲載されているほか、大阪日日が企画し、に不定期連載している「関西NOW」も同内容を掲載している。 また、「社員全員が拡張員である」との信念の下、記者にも新聞拡張ノルマが課せられている。

>