ひとり の 妄想 で 未来 は 変わる。 【1枚でわかる】『ひとりの妄想で未来は変わる VISION DRIVEN INNOVATION』佐宗 邦威

ひとりの妄想で未来は変わる VISION DRIVEN INNOVATION

あらゆるイノベーションは、人に始まり人に終わります。 「自分たちに合う創造の場」なんてものは、その時々・組織・人で変わるためです。 乗り越えるためには、共感を呼ぶ空気づくりや、正当性を高める戦略組織化が求められる。 本当は、根本的に新たなモデルをつくらないといけないのではないか」既存の組織の本質は「生産性の最大化を目指す」ものであるのに対し、これから求められる組織とは、「知識創造の最大化を目指す」ものである。 なによりも重要なのは、プロジェクトが「自分事」になっているかどうかだ。

>

日経BP SHOP|ひとりの妄想で未来は変わる

成功物語を真似るのではなく、今の誰かの現在進行系の挑戦を励みに新たな物語を生み出すことが大事だと思っています。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 いま根本的に新しいモデルが求められている。 【推薦の言葉】 「この本は、日本的な組織でビジョンを アクションにつなげるための現場の実践知だ。 ただ、新しい次世代のモデルを実践していた人は、突然、否応なしにリーダーになることがある。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 この感動を少しでも知っていただきたいので、こちらの記事も是非ご覧ください。

>

楽天ブックス: ひとりの妄想で未来は変わる

ポチろう 別にamazonでこの本を買えと言ってるわけではありません! 今まで読んだことのない・買ったことのない・経験したことのないものにお金をかけてみようということです。 著者はいまこそ意志を持った仲間が有機的につながり、ボトムアップ式の「創造する組織」へ転換するべきだと主張する。 これが活動の原動力になり、周囲を巻き込むエネルギーになると私は考えます。 【推薦の言葉】 「この本は、日本的な組織でビジョンを アクションにつなげるための現場の実践知だ。 ご契約中は自動的に販売を継続します。

>

【読書レビュー】ひとりの妄想で未来は変わる VISION DRIVEN INNOVATION(佐宗 邦威)【感想】

待ちの時間は、外に何かしらの発信をしておき、勝負どころで動いてもらえる社内のネットワークを構築しておく。 ここで壁になるのが、既存の仕組みを回す管理と、新規の仕組みをつくる創造のOSの違いだ。 既存の組織の本質は「生産性の最大化を目指す」ものであるのに対し、これから求められる組織とは、「知識創造の最大化を目指す」ものである。 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 既存の組織の本質は「生産性の最大化を目指す」ものであるのに対し、これから求められる組織とは、「知識創造の最大化を目指す」ものである。 P&Gマーケティング部で「ファブリーズ」「レノア」などのヒット商品を担当後、「ジレット」のブランドマネージャーを務める。

>

ひとりの妄想で未来は変わる / VISION DRIVEN INNOVATION

・・・そんな筆者の強い想いをひしひしと感じた書籍でした。 自分がちゃんと理解できているのかどうかちょっと怪しいですが、 組織にイノベーションを起こす方法論について書いた本。 イノベーションの現場の常識が既存の管理型の人間に理解されないのは、このふたつの世界がまったく異なっていること、またそれらがどう異なっているのかが共有されていないためなのである。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 生産のための設備は人であり、人のエネルギーによって駆動するため、アウトプットは安定しない。 著者は実現されない「妄想」を「モヤモヤ」と表現し、多くの企業人が抱えていると指摘する。

>

ひとりの妄想で未来は変わる VISION DRIVEN INNOVATION(佐宗 邦威) : 日経BP

言い出しっぺが語るストーリーに共感 個々人の意思をベクトルにしたビジョンづくりを 誰かが作ったビジョンを、全員で実現する All for One みんなはひとりのために 多様な意思が存在することをよしとする風土 One for One,and for all ひとりはひとりのために、結果としてのみんなのために 生きた意志を生み出すにはどうしたらいいか? 人の想いを引き出すこと 意志を束ねるプロセスをつくる ふたつの要素が必要である どんなプロジェクトにも必ずストーリーがある 言葉と物語によって魂を入れた意志にする 理念を統合した物語を語り、伝播させる 自分事化した物語を広げる場をつくる 自分事化したストーリーを手に入れた共感者たちは、ミッション、ビジョンの伝道師となり、浸透・伝播のための強力な協力者になってくれる。 良い種が生まれても、土壌がよくないと腐ります。 しかし、一方で、自分の作品を育て上げている感覚もあって、楽しくもありました。 これを読んで私が感じたことは1つ「よし、さっさとイノベーターになるために、とっとと行動しよう」です。 20年近くのビジネス人生において尊敬するに至った野中先生と入山先生が帯を書いている本なので当然期待を高く読み始めるわけでありますが、やっぱり読んでよかったと思えた … 本で、多くの方に読んでもらいたいなぁと思う本です。

>

ひとりの妄想で未来は変わる / VISION DRIVEN INNOVATION

直近で一番刺さった「変革本」は、『』ですかね。 世の中を変える取り組みは、妄想をもったひとりの人が仲間を集め、新たな文化をつくる場と、 そこで生まれてきた意志によって創造を繰り返していく創造の生態系をつくることで持続可能になる。 この本に興味を持ったきっかけは、著者の前作『』です。 いかがでしたでしょうか。 この壁を打破するためには、部門横断のコミュニティづくりや、予算獲得による公式活動化が必要になる。

>

日経BP SHOP|ひとりの妄想で未来は変わる

それまでに十分な準備をしておかなければならない。 トップダウンの戦略によってつくられた特命チームによって進んでいくイノベーションプロジェクトでは、その主観の欠如がより起こりやすい。 感想、書評メモは別の機会に。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 ここでは「サイロの壁」「事業部長の壁」が存在する。

>